男と女の学際研究

タイ女の血には日本のアレが流れている? vol.003

danjoLOGOweb02

男と女の学際研究 ~現役学者が微笑みの国を考察!~

4人の現役研究者が「日本男とタイ女」をテーマに、いろいろな角度から考察する連載コラムです。

 

今回の著者:心理学 平松隆円

 

タイ料理に必要な日本のアレ

スクムビット通りソイ38の屋台街が撤去されるということが、大きな話題になりました。しかしバンコクには、本当にたくさんの屋台がありますよね。そのほとんどが、観光客向けではなく、現地のタイ人に利用されています。

理由は、キッチンの設備が一般的な住居には備わっていないから。そのため、家で料理をすることは難しく、必然的に外食になるんです。

な ので、タイ人の女の子と知り合って、家でタイ料理を作ってもらおうとおもっても無理かも。だって、彼女たちは料理をしたことがあまりないから。それでも、 イサーンをはじめとする地方出身の女の子なら、バンコクほど屋台がないところで育っているので、料理をしてくれるかもしれません。

そんな、料理をする女の子と付き合った方ならご存じでしょう。彼女たちが作る料理には、ある日本の調味料が必要なことを。
それは味の素。タイ料理の定番ソムタムにだって、味の素を入れます。

しかも、大量に。隠し味どころじゃありません。だから普通のスーパーでも、500gや1kgの袋で売られたりしています。

 

食文化へのマーケティング

 

でも、どうしてタイ料理に、日本の味の素とおもうでしょう。

タイには、日系企業が多く、日本食の店も多い。日本食に慣れ親しんで、味の素を利用しているんじゃないかと。ちがうんです。
味の素がタイに進出した歴史は古く、50年を超えています。このあいだ、味の素社はあるマーケティングをおこないました。バンコクのような大都会ではなく、地方都市や農村で、無料の料理教室をひらき、味の素の利用をすすめたんです。

これが母から娘へ、地方から全国へ。タイ料理に欠かせない調味料として、味の素が伝わりました。

日本の味の素は、すでにタイの味の素になっているんです。だからこそ、日本人の口に合うのかも知れませんね。

 

profileHiramatsu ひらまつ・りゅうえん

心理学者・日本研究者。国際日本文化研究センター講師、京都大学研究員、チュラロンコーン大学講師などを歴任。博士(教育学)。専門は化粧理学や化粧文化論。男女の恋ゴコロに関する心理や文化にも詳しい。

この著者のほかの記事を読む

連載のほかの記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 38(danjo410)new 「コボリ」を通じて考える日本男の戦略 vol.024
  2. danjoLOGOweb02 ボージョレ・ヌーボー とタイ女 vol.012
  3. ザ・タイの奥様会 vol.047
  4. danjoLOGOweb02 女性の自立と男の婿入り婚 vol.004
  5. danjoLOGOweb02 日系企業の工業団地が北タイの女たちを近代化させた? vol.04…
  6. danjoLOGOweb02 映画・ドラマ効果で佐賀男がモテる? vol.034

オススメ記事

  1. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  2. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  3. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  4. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  5. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】

PAGE TOP