バンコクの街角

タクシー飛ばして行く価値あり! ラムカムヘンのベトナム料理店「『フォー』ティーナイン」

 

 

昨年、この「バンコクの街角」で紹介したハンバーガーショップ「バーガー・ブロ!」ですが、今回紹介するのは、このお店の向かいにあるベトナム料理店「『フォー』ティナイン」です。

 

 

昨年の半ばごろから営業していたのは知っていたのですが(フェイスブックを見る限りだと昨年3月ごろから営業していたようで)、嫁さんの友達が食べに行った際の感想がひと言「高い」というものだったこともあり、ずっと敬遠してしまっておりました。

 

 

「いつもハンバーガーばっかりで飽きる~」という嫁さんの言葉に、「それならこっち行ってみる?」と先月になって初めて中に足を踏み入れました。

 


店名の「『フォー』ティー・ナイン」は、ベトナムの米麺「フォー」と、お店の場所があるラマ9世通りソイ49の「フォーティー・ナイン」の「フォー」が掛詞になっていますね(カタカナだと、なんのこっちゃ、という感じですが、「pho」と「fortynine」で「photynine」というわけです)。

 


庭には緑がまぶしいテラス席あり、ドアをくぐってすぐのところにはワインなども並べられており、なかなかおしゃれな雰囲気です。1階席とロフトタイプの2階席があり、天井も高く、窓も大きくとっているので開放感があります。

 

 

 

 

 


この日食べたのは、ベトナムの米麺「フォー」とライスペーパーと野菜でソーセージやら青バナナやら青マンゴーやら唐辛子、ニンニクを包んで食べる「ネーム・ヌアン」、そしてサトウキビにエビのつみれを巻きつけた「クン・パン・オーイ」

 

 

 

 

 


中でも、僕の中で大当たりだったのが、「クン・パン・オーイ」。出てきたときにちょっとびっくりするくらいのボリューム。エビのつみれも濃厚な味で、惜しみなくエビが使われている様子が伺えます。ほかの店でもよく頼むのですが、だいたいサトウキビはほんの飾りの役どころなのですが、ここのは噛むと汁が口の中にひろがりジューシーな名脇役でした。

 

 

 

 

肉の味濃厚なフォーや、野菜わんさか特製ダレとの相性も抜群のネーム・ヌアンなど、どれもこれも満足な逸品ばかり。付け合わせとして、各テーブルにどどんと野菜が振舞われるのもいい感じです。

 

 


都心からはちょっと遠いですが、「タクシー飛ばしてでも行くべし!」と自信を持っておすすめできるお店でした。
(U)

 

 

 

 

Photynine

場所 Soi 49, Rama 9 Rd.
時間 7時~21時半 無休
電話 0-2118-6174
HP https://www.facebook.com/pages/Photynine/512410535535192
料金 フォー80B/180B、ネーム・ヌアン240B、クン・パン・オーイ180B

 

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. main-90 ご近所グルメ バンコク東郊大型モール、ザ・モール・バンカピでの北…
  2. isetan01 週が明けて。10月17日のバンコクの街角(少しですが)
  3. ランカウイで泊まったホテルの近くにあったもの、ロティとコーヒーと…
  4. S__54886457 BACCに水草水槽アートを見に行ってきた。 けど…
  5. 即席の傑作候補(匂い付き)
  6. ダコ営業マンのとあるアフター5

オススメ記事

  1. SOLINGE 研ぎ器-1 包丁から爪切りまで!? 家庭に1つあると便利な研ぎ器 SOLINGE「マルチシャープナー」
  2. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  3. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  4. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  5. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?

PAGE TOP