タイ料理

【昼食】カニ肉ゴロゴロ南部の味「Baan Ice」

今回は「地方の味」をテーマに2軒選んでみた。まずはバンコク郊外・プラチャニウェート地区で24年間 営業してきた南タイ料理店の2号店。2代目オーナーで店名の由来にもなったイケメン・アイスさんが陣頭指揮をとっている。

アイスさんによると、ここの料理 は南部・ナコンシータンマラート県出身の祖父母仕込みの家庭料理。食材や調味料も南部からほぼ毎日取り寄せているとか。

日本人大歓迎だそうで日本語メニューもある。翻訳が若干怪しいが、全メニューに料理の由来や、それにまつわるアイスさん一家の物語が長めに書かれていて、ついつい読み込んでしまう。

今回は10品ほど試食。その中でも特に気に入ったのが「ゲーン・ペット・ヌア・プー・バイ・チャプルー」だ。カニ肉がゴロゴロと入った黄色いカレーなのだが、辛さ控えめでカニの甘みと食感が印象的だ。大皿に山盛りで出てくる「カオ・ヤム」も絶品。野菜や調味料、特製ソースとご飯を混ぜて食べる。

野菜のシャキっとした歯ごたえと玄米のもちもち、魚を発酵させたソースの芳醇な甘さがたまらない。タイ料理の中でも南部の味付けは特に辛い。注文する時は「辛くしないで」と忘れずに付け加えよう。

「Baan Ice」

営業時間  11時~22時半 無休
場所    1st Fl., Somerset Sukhumvit, Soi 55, Su-khumvit Rd.
電話    0-2381-6441~2
料金    ゲーン・ペット・ヌア・プー・バイ・チャプルー(カニ肉とキンマの葉入りカレー)350B、カオ・ヤム(南部風混ぜご飯)160B、ガイ・バーン・クア・ケム(地鶏のカリカリ揚げ)180B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_5493 暁の寺対岸に新支店 「Supanniga」
  2. 【夕食】イサーン料理でスポーツ観戦 「Sab Bar」
  3. Eathai cafe クラシカルなタイに浸る「イータイ・カフェ」
  4. IMG_2910 大盛況の東タイ料理「Sri Trat」
  5. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ シャンハイ(上海…
  6. ヤム・ソムオー (ザボンのピリ辛サラダ) 「Thara Thon…

オススメ記事

  1. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  2. King’s College International School Bangkok_01 イギリス系インターナショナルスクール「キングスバンコク」開校! 2021年度(9月スタート)生徒募集中
  3. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  4. チェンライでオーガニックに暮らす第二の人生
  5. タイの強敵〝黒いホコリ〟に打ち勝てる? DACO読者が日立の掃除機を調査!【後編】

PAGE TOP