グルメ

【グルちょー】通も唸る! 鹿肉入りタイ風あんかけ麺 「น่ำเทียน by khanta」(ナムティエン・バイ・カンタ)Vol.37

タイ人に話題の食事処の実力やいかに?実名口コミグルメサービス「Retty Thailand」で人気の店をトップユーザーがレポート!

タイ人の口コミはこう申す!

シイタケやモヤシ、カニ、ハムなど具だくさんな「パッド・ミー・ホンコン(香港風焼きそば)」が鉄板です!
柔らかい焼豚とひと口サイズのワンタンが入った「焼豚とカニのワンタン麺」が大好き!
駐車場はないけど、すぐ近くのコミュニティモール「People Park」に停めるのも◎。

実地調査!

通も唸る! 鹿肉入り
タイ風あんかけ麺 「ラートナー」

料理を作るのも食べるのも大好きなポンさん。ジャンルや値段を問わず、さまざまな美食を食べ歩いてきたというグルマンが最近ハマっているのは、ストリートフード。鹿肉を扱う珍しいお店を教えてもらいました。

バンコクには、地元の人たちに愛され、家族経営で長く続いている手軽に食べられるストリートフード(食堂・屋台)が多くあります。そんななかで日本人の皆さんにご紹介したいのが、オンヌット通り沿いでタイ中華を提供する食堂「น่ำเทียน by khanta(ナムティエン・バイ・カンタ)」です。

「ラートナー(タイ風あんかけ麺)」「バミー・ギョウプー・ムーデーン(焼豚とカニのワンタン麺)」「カオパッド・プー(カニ炒飯)」など日本の方にとっても食べやすい料理がたくさんありますが、僕がよく食べているのは「ラートナー・ヌアクワーン(鹿肉入りあんかけ麵)」。タイではあまり見かけない鹿肉と、お店手作りの中華麺(バミー)、そして伝統的な中国レシピを踏襲していて、本当に美味しいんです。鹿肉は柔らかく、自家製麺は香ばしくて餡によく絡み、広東菜も入っていて満足感があります。僕は注文する時はいつも卵を追加し、麺と一緒に炒めてもらっています。ワンタンを加えるのもいいですね。

お店は小さいですが、オーナーさんがとてもフレンドリーで、食べたいものがあればメニューにないものでも作ってくれます。例えば「ご飯が食べたい気分だ」と伝えたら、鹿肉入りあんかけ麺を鹿肉載せご飯に替えて提供してくれたり、本当に優しいですよ。

น่ำเทียน by khanta

場所 825 Onnut Soi 17 Suanluang 駐車場 なし
電話 086-547-7677
時間 11時~19時(変更あり) 休みなし
Facebook @khantaphon113
料金 「ラートナー・ヌアクワーン(80B)「バミー・ギョウプー・ムーデーン(40B〜)」「ラートナー(40B)」「パッド・ミー・ホンコン(70B)」「カオパッド・プー(50B)」
Retty https://retty.co.th/restaurant/88049/216340/
MAP


タイのグルメユーザーのオススメ店が見つかるグルメSNSアプリ「Retty」
日本発のグルメサービス「Retty」は、2018年よりバンコクを拠点にタイ現地の方向けにサービスを展開。タイ現地のグルメユーザーによる信頼できる実名の口コミ情報が集まっており、現在月間100万人が利用中。
※対応言語は、タイ語と英語のみのため、日本人の方には英語でのご利用を推奨しています。

アプリインストールはこちらから
https://retty.page.link/EuvQKrApYEbYPkmV9 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. カオトム・プラー・ナー・コ・シーチャン 料理1 飾らない人気食堂はどれもハズレなし「カオトム・プラー・ナー・コ・…
  2. スパンニガーイーティングルーム 川向こうにワットアルンを望む <タイ料理を巡る旅>祖母のレシピが時代を超えて現代へ Supan…
  3. トンローのこだわり自家製ハンバーガーショップ「JA’…
  4. 目指すは“バンコクの北海道パーク”!「北海道寿し居酒屋えぞや」 …
  5. 「ホーン・ギー・チェー・ポー」のカオ・チェー・ポー Vol.0…
  6. お酒も楽しめるお粥専門店「Ruay Mitr」がバンコク・サトー…

オススメ記事

  1. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  2. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  3. SOLINGE 研ぎ器-1 包丁から爪切りまで!? 家庭に1つあると便利な研ぎ器 SOLINGE「マルチシャープナー」
  4. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  5. 格好いい経営者はお好きですか?<経営者改造計画@バンコク>

最新のTHB-JPY

PAGE TOP