週末ゴルフ暮らし

ニチゴ・リゾート&カントリークラブ Vol.38

カンチャナブリーでゴルフも、観光も大自然を満喫すること間違いなし!

ゴルフ好き同士がバトンを渡しながら自分の愛するコースを紹介していくリレーコラムの第38回。今回は、カンチャナブリー県の自然の中にあるコースを、プロを志すゴルファー細川さんが紹介してくれます。

今号のゴルファー:細川孝女

チョンブリー県のグリーンウッド・ゴルフクラブ勤務。在タイ15年。シニアプロを目指すも体調を崩してからは、夢みて奮闘中。

 

バンコクから2時間の大自然に癒やされる

タイのゴルフ場勤務歴10年の私がご紹介するのはニチゴ・リゾート&カントリークラブです。OLゴルファーだったときに、シニアプロの門を叩こうと、仕事とゴルフに汗を流した思い出のゴルフ場でもあります。

バンコクからは2時間ほど。時間だけを聞くと遠いと思われるかもしれませんが、現地に着けば、広大な大地、自然、空気に満足すること間違いなし。途中、道路を横断する水牛たちに出くわすことも。夜は星がとてもきれいです。空を見上げて、ホームシックになったことを思い出します。

クウェー川鉄橋が現われるホールあり

こちらのゴルフ場には、3コース(リバー、レイク、マウンテン)27ホールあります。お勧めしたいホールは2つあり、どちらも素晴らしい景観で、いつも闘争心に火を付けられます。

リバーの6番ホールは、ニチゴの象徴ともいえるホールです。カンチャナブリーと言えばクウェー川にかかる鉄橋が有名ですが、そのミニチュアがドーンと目の前に現れます。右サイドが川になっており、少し右ドックレックのホールです。ドライバーの落としどころが難しいですが、景色に見とれて間違わないで!!

もう1つはレイクの4番のショートホールです。距離はないですが、池越え、グリーン手前はカラーがあるだけですぐ池、奥もバンカー。そして風にも影響されるため距離、方向性だけでなく、思い切って振りぬく勇気も求められます。

宿泊は、ホテルとコテージがあり、仲間とわいわい騒ぎたいときは、コテージがいいですね。プールでゆっくり身体を癒やしたり、マッサージを受けたりすることもできます。

ゴルフ以外も楽しめる!

近くには観光名所がたくさんあり、ゴルフ以外の楽しみも充実しています。クウェー川鉄橋のほか、記念館や連合軍墓地など。渓谷を走る列車の車窓からの景色は最高です。象に乗って森や川を散歩したり、筏でクウェー川下りやサイヨーク滝めぐりもできますよ。11月後半にある花火大会は、一度見ておくことをお勧めします。

ゴルフをする、しないに関わらず、週末の2日だけでは時間が足りないはず。

Nichigo Resort & Country Club

住所: 106 Moo 4, Tambol Wangdong, Amphur Muang, Kanchanaburi

電話: 0-3451-8518、0-3458-4000

HP:  www.nichigoresortcc.com

料金: ビジター:平日1000B、土日祝1200B キャディ280B/18ホール

ひとことまとめデータ

コースの面白さ  ★★★★★

施設  ★★★☆☆

清潔さ  ★★★☆☆

 

ココ注意!:12月から2月にかけて韓国人プレイヤー多し。大騒ぎすることも

 新着記事を読む 

関連記事

  1. サンティブリ・カントリークラブ・チェンライ Vol.47
  2. ナワタニ・ゴルフコース vol.12 
  3. ニチゴ・リゾート&カントリークラブ Vol.38
  4. ソイダオ・ハイランド・ ゴルフクラブ&リゾート vol.28
  5. コラート・カントリークラブ・ゴルフ&リゾート Vol.45
  6. プルータールアン・ネイビー・ ゴルフコース vol.33 

オススメ記事

  1. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」
  2. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  3. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  4. The Residence_2ベッドルームの広いダイニング兼リビングスペース プロンポンで2BR・160㎡超の家族向け空間! ラグジュアリー・アパートメント「ザ・レジデンス」
  5. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】

PAGE TOP