週末ホテル暮らし

グランド・センターポイント vol.17

ランドリーマシンの日常

初めてタイを訪れたのは10年前の2000年の夏、シドニーオリンピックの年。最初に泊まったのはリージェントホテル、今のフォーシーズンだった。それからかれこれ20回以上いろいろなホテルを利用したことになるが、最近はサービスアパートメントを利用することが多くなった。

そもそもサービスアパートは数週間から数カ月の長期利用向け。だから4、5泊程度の僕の短期出張にはサイズが合わなかった。でもここ数年、サービスアパートとホテルの境目がなくなってきて、僕たち短期出張族にもサービスアパートが利用しやすくなってきた。

なぜサービスアパートが心地よいのか?オリエンタルなデザインで統一された洗練された家具のある部屋であるが、同じレベルの高級ホテルとは、ちょっと何かが違う。

その何か? が「日常感」ということに気づいた。洗練された家具の向こうには、大量に買い込んだビア・シンを冷やしてくれている大型の冷蔵庫がある。その隣では低音を響かせながらランドリーマシンが僕の洗濯物を乾かしてくれている。そんな日常感のあるバンコク滞在を最近とても心地良く感じている。街全体が非日常感あふれる刺激的なバンコクだからこそ、滞在先は普段の生活に戻れるサービスアパートが悪くない。

……いっそのこと、バンコクに拠点を移して生活してみたらどうだろう? そんなことを考えていたら、無線LANで繋ぎっ放しのPCからスカイプが鳴った。9歳になったばかりの娘からである。

「パパ、おやすみなさい!」東京の仕事場にいるのと変わらない、バンコクの一日が暮れていく。

Grande Centre Point Hotel and Residence

住所 153/2 Soi Mahatlek Luang 1 Ratchadamri Rd., Lumpini, Pathumwan, Bangkok
電話 0-2630-6345~9
HP www.centrepoint.com/grandecentrepoint
料金 7500B/日~(税別、朝食2名分込)。
※上記正規料金のほか、本誌読者向け特別プロモーション料金あり。詳しくは直接お問い合わせのこと。
日本語での問い合わせはwataru.f@centrepoint.comまで

今回利用したのはグランド・センターポイント33階の部屋。日本人に知名度ナンバーワンのセンターポイントの中でもグランド・センターポイントは最高級の グレードとして圧倒的な存在感がある。サイアム方面に面した部屋からは競馬場越しに大都会の夜景を眺めることができる。部屋は、東京・豊洲周辺の高層新築 分譲マンションのモデルルームにも決して引けをとらない豪華な内装である。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ノボテル・スワンナプーム・エアポート・ホテル vol.28
  2. アナンタラ・バーン・ラチャプラソン・サービススイート vol.1…
  3. ルネッサンス・バンコク・ラチャプラソン・ホテル vol.46 
  4. ヴィラ・モロッコ・リゾート・プランブリー vol.33
  5. アマリ・アトリウム・バンコク vol.25
  6. ウェスティン・グランデ・スクムビット vol.10

オススメ記事

  1. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  2. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  3. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  4. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  5. TUMI(トゥミ)SEMI-ANNUAL SALE 30%オフ実施中!

PAGE TOP