週末ホテル暮らし

アマリ・アトリウム・バンコク vol.25

明るい日曜が「反省するな」と言うもので

ジャック・ダニエル、マーテルVSOP、ヘネシー、ゴードンジン、ペペ・ロペスのテキーラ、そして日本酒、山田錦……。23階のエグゼクティブ・ラウンジは、同フロアに宿泊しているゲストが自由に使え、18時30分から20時の間は、常備されているアルコールがフリーとなる。

土曜の18時37分。
1杯め、シーガス・リーガル。茜空を見ながら、ひとつ先の席で談笑しているビジネスマンふたりの会話で英語学習する。あ、これは盗み聞き? ……にもならないぐらい聴解力ないことが判明。

18時55分。
2杯め、バランタイン。立ちあがり、眼下のセンセープ運河を覗きこむ。最近、いらいらすることが多く、あまりいい酒を飲んでいなかったな。今夜はタイ人の同僚と出張での宿泊だが「夕食どきまで自由行動しよう」となり、ひとりでいる。まぁ、酒好きなもので。彼は部屋でワールドカップを観戦中だ。

19時18分。
3杯め、ジンのソーダ割り。心地よいな。「ホテルに泊るなら書いてくれ」と頼まれて、恥ずかしい日記をつづるように手帳を広げているのだが、ペン先がうろうろしはじめている。困ったな。初めて漫画『課長 島耕作』と『俺の空』を読んだ日を思い出したりしているぞ、おい。 「そろそろ下のイタリアンレストラン、ビバルディに行くぞ。あ、突然だけど、A社の日本人スタッフが合流してくれるってさ」と同僚が呼びに来た。おおおおっ! そういう展開になるかぁ~。けっこう酔ってるんだが。ビジネスモードに戻れるかどうか……。

翌日、子どもたちの笑い声の中でサンデーブランチを食べながら、よれよれのメモを読み返してみると「寛大な日本人スタッフと談笑した」と書いてある。本当か!?

 

Amari Atrium Bangkok

住所   1880 New Petchburi Rd.
電話  0-2718-2000
HP    www.amari.com
料金 エグゼクティブ・ルーム6691B(税サ込)~
フリーワイヤレスインターネット利用など、料金および特典の詳細は上記のHPで要確認。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. プタラクサ・フアヒン vol.29
  2. ル・メリディアン・カオラックビーチ&スパリゾート vol.39
  3. シャングリラ・ホテル バンコク vol.18
  4. シックスセンス・フアヒン vol.37
  5. アブソルート・サンクチュアリー vol.27
  6. マンダリン・オリエンタル・ダラデヴィ・チェンマイ vol.43

オススメ記事

  1. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  2. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話
  3. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  4. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  5. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」

PAGE TOP