グルメ

【グルちょー】「フェン・ジュー ムー・ジャルーン」のミニ餃子 Vol.28

タイのネット上で話題の食事処の「口コミは確かか」どうかを編集部のタイ人スタッフが確かめに行きます。

タイ人の口コミはこう申す!

「上部を閉じない、新しいアイデアの餃子。店内の装飾はとてもシックでしたよ。」
「私が好きなのはオリジナル。続いてマーラーかな。トッピングはネギが美味しかった!」
「1個12バーツはちょっと高い? でも雰囲気はかわいいし、写真を撮りたくなるお店。」

実地調査!

一風変わった見た目の餃子
トッピングで味に変化

餃子といえば、皮にしっかりと包まれた形を思い浮かべますよね? でも、今回ご紹介する「フェン・ジェー ムー・ジャルーン」は全く違って、上部が空いた、中身が見える形状の餃子なんです。

「フェン・ジュー」は、ジャルンクルン通りソイ24にある小さなお店。このエリアはもともと中華系の村だったこともあり、オーナーのムーさんはこの土地の雰囲気に溶け込む中国風の外装にしたんだとか。私は、香港に来たかのような気分になりました。当初はテイクアウトやデリバリーの店としてオープンしたそうですが、人気を集めたことからテーブルと椅子を用意。今は、食事をするためのテーブルが10台以上あります。

北京語で「フェン」は豊かさ、「ジュー」は豚の意味。これに、タイ語で「フェン・ジュー」と同じ意味を持つ「ムー・ジャルーン」を店名に加えたそう。ちなみに、オーナーのチューレンも「ムー」。遊び心にあふれていますよね!

それほどまでに人気の餃子とはどのようなものなのか。まず餃子のフレーバーは、一般的な豚餃子の「オリジナル」を筆頭に全部で5種あります。「ザ・スリー・キングダム」は、「オリジナル」にコリアンダー、ニンニク、胡椒を効かせたもの。「ファイブ・マッシュルーム」はその名の通り、細かく挽いた5種のキノコが入っています。「マーラー」は「麻辣」。一番辛いのがこれでした。そして、最後はタイ北部の「ハンレイカレー」です。

冒頭に触れたように、この店の餃子は見た目が変わっているんですが、実はこれ、餃子にトッピングを加えて食べるという狙いがあるんです。例えば「マーラー」はチーズをトッピングすると味がまろやかになって食べやすい。「ファイブ・マッシュルーム」は、そのまま食べるとあまりキノコの味を感じなかったのですが、塩卵をトッピングすると生き生きとした味に。店が用意しているトッピングは4種。5種のフレーバーに、色々な組み合わせを挑戦してみたくなります。

ちなみに、この上部を閉じないデザインの餃子は、通常のものと比べて誰でも簡単にスピーディーに形を整えやすく、作業効率が上がるのだとか。オーナーのムーさん、なかなかのやり手ですよね(笑)。
美味しいのはもちろん、見た目にも可愛い餃子。そして、お店の雰囲気はフォトジェニック。人気を集めるのも納得でしたよ。

フェン・ジュー ムー・ジャルーン
Feng Zhu – Moo Charoen
เฟิงจู – หมูเจริญ

場所 Charoenkrung soi 24 (ナラヤ リバーシティー店向かい)
電話 06-2264-4661
時間 11時〜19時 無休
FB FENGZHU989
料金 「Gyoza Hna Peid」12B〜、「トッピング」3B〜

 新着記事を読む 

関連記事

  1. おはな食堂 握り シャコを食べずに帰っちゃうんですか?「おはな食堂」
  2. 「義肉骨茶(イー・バクテー)」のバクテー Vol.22
  3. 03_prayabuffet_Mix grilled seafood 「プラヤキッチン」が人気のブッフェを再開
  4. indique 遊び心あふれるインドなひと皿
  5. perhaps rabbit 不思議の国の「パーハップス・ラビッツ」
  6. Benihana Chef 日本発、鉄板パフォーマンスの老舗店

オススメ記事

  1. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  2. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。
  3. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  4. 〝手術なし〟でも改善できる「子供のO脚・X脚」
  5. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】

PAGE TOP