ちょっトリップ

週末 ★ トリップ エアアジアで行くアンダマン海の島めぐり 前編

クラビー県とランター島

タイ・エアアジア主催のメディアトリップに参加した編集部E子。
バンコクはドンムアン空港からエアアジアFD3227便でアマンダン海沿いの南部クラビー県へ。
ハードスケジュールの中、見つけてきました、見どころ食べどころ、遊びどころ。
今号と次の350号の前後編に分けてお届けします。

次はあなたが陽気なエアアジアの翼で、住んだ南の海の青さに感動できますように。

 

タイ・エアアジアの新しいサービス「Island Transfers」。
これは航空券と、現地の空港から船着場までの送迎車、フェリーの手配がセットになったチケットで、目的の島までスムーズに行けちゃう優れもの。
HP上で航空券を買うのと同じ手続きで、簡単に買えます。選べる島はサムイ、パンガン、ピピ、ランタ、リペの5島。
今回はその中からアンダマン海に浮かぶランター島へ行き、さらに現地のツアーに参加するという2泊3日の旅に行ってきました。

南の島まで楽チンポン

クラビー空港では、現地スタッフがエアアジアのボードを持って出迎えてくれました。
バンに乗り込み、フェリー乗り場まで40分ほどで到着。トイレ休憩を挟んでいざ大海原へ。
アンダマン海に浮かぶ島々の間をぐんぐん進み、周りの風景に変化があるので、乗っていて飽きません。
デッキの上で海風を感じながら、うとうとするのもオツです。そうこうしているうちにランター島へ到着。
ここまで面倒な現地での交通手段の手配はまったくせず、スタッフの案内に身を委ねるだけであっという間に来れちゃいました。
「Island Transfers」のサ-ビスはここまでですが、ここからは現地の旅行会社「アオナン・トラベル」によるツアーのはじまりはじまり。

肝冷やしもんの絶景絶壁

 

昼食後、島内をバンでドライブ。ランター島は近年リゾート地として注目されてきているようですが、まだまだ観光客も少なく、のんびりとした雰囲気は穴場感が漂います。
島内をしばらく走り、島一番の絶景が望める国立公園へ。
灯台がそびえ立つ高台からは、快晴だと海に浮かぶ島々が一望できるようですが、今回はあいにくの曇り。晴れた日の夕暮れどきにまた来たいです。

その後、200年前に華僑が移住してきた町で当時の雰囲気が残るオールドタウンを散策してホテルへ。
移動とランター島観光で1日目が終了です。

海を歩いて渡って宙に浮かんで

翌日はスピードボートに乗って、タップ島へ。
この辺りは小島が点在していて、島めぐりが楽しめます。
タップ島は、その形がユニークなチキン島のすぐ近くにあり、潮が引いているときはタップ島からチキン島まで歩いて行けるので、遠目には海を歩いているように見えるかも!?

チキン島にタイミングよくスピードボートが出迎えてくれ、ここからさらに5分ほど沖に出た場所でレッツ、シュノーケリング! 
ゴーグルマスクと救命胴衣を着けて海へ飛び込みます。
水中にはカラフルな魚がたくさん泳いでいました。
海底にはサンゴとおいしそうなウニがひしめいていて、高低差の激しい岩場を眺めていると、水中都市の上に浮いているような神秘的な気分になれます。

そそり立つ岩場と男根像

クラビー本島のライレイビーチでの昼食後、ボートで裏側のプラナンビーチへ。
遠くからでも存在感大の大岩の壁は、近くに行くほどに迫力が増し、目の前にそびえる様は圧巻! 
ロッククライミングスポットとして人気があり、実際に欧米人のクライマーでにぎわっていました。

ツアーガイドさんがなにやら興奮気味に説明を始め、岩壁に大きく開いた穴に目をやると、そこには神様が祭られており、周りには男性器の木彫りがいくつも転がっています。
この辺りはそういうパワーが満ちている、という言い伝えがあり、結婚祈願や安産祈願に来る人もいるそうです。

最高の夕日で2日目終了~!

美しい海とスタイリッシュなロッククライミング、そして男根像を後にし、アオナンビーチにあるホテルへ移動しチェックイン。
海岸沿いの街をぷらぷら散歩していると、頃よく夕日が沈みかけて来ました。
ここの海岸はとても綺麗に整備されており、ゴミがほとんど落ちていません。
聞くと、県の行政や団体が定期的にゴミ拾いや植林を行っているとのこと。
美しい海と砂浜を大切に守っているからこそ、海に沈む夕日も格別なんだなー。

3日目には圧巻の洞窟をあおぐことになるのですが、続きは次号で紹介します。
見どころ満載ですのでお見逃しなく!

AirAsia
住所 1st Floor, OSC Bldg.,99 moo 5 Kingkaew Road Rachatawa Bangplee Samutprakarn
電話 0-2515-9999(コールセンター)
HP  www.airasia.com(公式)、www.Facebook.com/AirAsiaThailand(facebook)、
www.airasia.com/in/en/island-transfers.page  (島へ の交通手段情報)

 

このツアーを取り扱っている旅行会社
Ao Nang Travel & Tour Co.Ltd.
住所 243 Moo 2, Ao Nang Beach, Muang, Krabi
電話  0-7563-7152~3、0-7563-7730
HP  www.aonangtravel.com

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンコク発★ちょっトリップ『頭も心も空っぽに、心洗われる サムイ…
  2. バンコクからはロット・トゥーで。 現地では歩いて回るロッブリー中…
  3. リバービューのゲストハウスと裏中華街
  4. バンコク発★週末ちょっトリップ『バンコクから近いリゾート サメッ…
  5. 子連れクレット島【16回】
  6. バンコク発ちょっトリップ『インパクト大なもの巡り! 日帰りナコン…

オススメ記事

  1. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  2. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック
  3. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  4. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  5. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!

PAGE TOP