グルメ

気分は中世のお姫様!! 美女と野獣ワールドに浸れるアフタヌーンティー【Bangkok Trading Post】

スクムビット通りソイ39にあるラグジュアリーホテル、「137ピラーズ・スイーツ&レジデンス」のダイニング、「バンコク・トレーディング・ポスト」にて10月より新しいアフタヌーンティーが登場するということで、そのお披露目パーティーにお呼ばれしてきました~!

2月・3月には『不思議な国のアリス』の登場人物「マッドハッター」(そう! あの「狂ったお茶会」に出てくる帽子屋!)をテーマにしたアフタヌーンティーだったのに続き、今回のテーマはディズニー映画『美女と野獣』

魔法で野獣の姿に変身させられた王子と、美しい娘ベルが出会い、互いに心の美しさに惹かれあう……っていうお話しですよね。『美女と野獣』がテーマだなんて、一体どんなにかわいいのでしょうかー?! 大きな期待を胸にさっそく見てみましょう!

 

キュートな店内、あっちもこっちも映え確実!

店内に足を踏み入れると、フワーっとバラの香りが漂います。何? 何? と辺りを見渡すと、壁際にも、テーブルの上にも、真紅のバラ飾りがおかれていました。

ショーテーブルに置かれているのは羽ペンやろうそく、金時計など、まさに『美女と野獣』の世界! 少しくすんだ金色の食器も、昔のヨーロッパファンタジーを思い起こさせる雰囲気をかもし出しています。

 

アフタヌーンティーの特別シェフ、ヤニス氏

今回のアフタヌーンティーのために特別に集められたチームのチーフシェフを務めるのは、ベルギー出身ヤニス・ヤンセン氏です。惜しまれながら5月に閉店した有名フレンチ「ロブション・バンコク」のエグゼブティヴ・シェフ・パティシエも務めていました。

アメリカのデザート専門誌「Dessert Professional Magazine」では、ぺイストリーシェフのトップ10人にも選ばれ、2013年のゼストアワーズマイアミでは「ベイキングとぺイストリーの革新家」と称された、すごい方!

今回のアフタヌーンティーにむけて『美女と野獣』を何度も見返して、イメージを膨らませたのだとか。こだわり~。

 

いざ、実食!ストーリ仕立てのアフタヌーンティ!

席につくと、バラの花びらを乗せた、ピンク色のウェルカムドリンクが~。添えられているのは、本物のバラの花びらです。多くのアフタヌーンティーは、サンドイッチ・スコーン・スイーツの3部構成ですが、このアフタヌーンティーはひと味違います。大きく4部に分かれており、『美女と野獣』の物語から、4つの場面がセレクトされているそうです。

まずは紅茶から、追って4つのチャプターをご紹介します!

 

「モンスーンティー」をポット夫人でいただく!

お茶は、チェンマイ産のオーガニック・ティーブランド「モンスーンティー」のもの。「モンスーンティー」の茶葉は、タイ北部に自生するお茶とハーブをミックスしているのが特徴です。

ラインナップはこちら……
クラッシック・ティー(ジャスミン・ティーや緑茶などの伝統的なスタイル)
インフューズ・アロマティック・ティー(ライチ、ココナッツ、マンゴーの3種のフルーツフレイバー)
ノンカフェインティー(ハーブの香り)
137ピラーズ・スペシャルブレンド(グリーンティーとマンゴスチン・フレイバーの2種類)

これら12種類から自由に選ぶことができます! 私のおすすめはスペシャルブレンドの「マンゴスチン・フレーバー」。苦味のほとんどない、すっきりした味なので甘いチョコレートにもピッタリです。

ポット夫人ティーポットでお茶が飲めますので、その点もお楽しみあれ!(ただし、少し注ぎづらい~!)

 

「ブラック・フォレスト」チャプター

サンドイッチの前のひと皿は、物語の始まり、ベルが父を探して迷いこむ森のシーンをイメージ。薄暗い森の中には狼がたくさん……。この場面を思い浮かべていると、赤いキノコ(?)の形のチョコレートも、なんだか毒々しく見えますね。

球形のガラス食器の上部からスプーンを入れると、チョコレートは柔らかくくずれるほど中身とろとろ。甘酸っぱい香りや、甘い香りが混ざり合う、新感覚のデザートです。

 

「セイボリー」チャプター

2つ目のチャプターでは、ベルがお城で野獣と出会ったときの、ディナーシーンがイメージされています。

ツリーの下段にあるのは、フィンガーサンドは4種類。それぞれの具材にぴったりなパンが選ばれているので、様々な食感が楽しめます。驚くなかれ、キャビア、トリュフ、生ハム、エスカルゴといった高級食材が、さりげなく、大胆に使われています!

メニューはこちら……
スモークサーモン・サンド
イベリコ豚生ハム・サンド
エスカルゴ・クロワッサン
ロブスター&タラゴン・ブリオッシュ

 

「スコーン」チャプター

伝統的なバタースコーンと、フランス産のコンテ・チーズを使用したベーコン・チーズ・スコーンです。ほんのりあたたかく、噛んだときのサクサク感がたまりませんでした!

3種類のソースはこちら……
パッション・アプリコット・ミント・マーマレード
ヌテラ
アイリッシュ・クリーム

そのまま食べてもバターがしっとりと香るスコーン。濃厚なヌテラは、シンプルなスコーンとよくマッチしていました。

 

「スイーツ」チャプター

中断と上段の2つは、チョコレート尽くしのスイーツとなっています。でも、フルーツ・ソースや塩(なんと!)が使われていたり、クランチ系素材が使われていたりと、「飽き」を感じさせない工夫がてんこもり!

中段のスイーツはこちら……
キャラメル&マカダミアタルト
バニラ&パッション・キャラメル・ロゼット
タヒチ・バニラ・マカロン

この段は、『美女と野獣』のキャラクターを表現しています。時計の妖精コグスワース羽ペンの妖精プリュメットのふたり(?)です。マンゴータルトはもちろん、ベルの黄色いドレス。上に乗ったマンゴーは口の中でとろけてしまうほど柔らかいです。

上段のスイーツはこちら……
レモン&バジル・タルト
ロッチャー・レッドフルーツ、バラの花びら添え

このふた粒は、物語の最後の場面をイメージしています。物語では、野獣が「真実の愛」に気付き、プリンスに戻ることができるのかが試されます。タイムリミットは、バラの花びらが地面に落ちるまで。まさに、その最後のひとひらが乗っているのです!

黄色いチョコと、クランチ・チョコレートは、それぞれベルと野獣を表現しているのかもしれません。中はジェリー状になっていて、たくさん食べた後だったですが、残さずおいしくいただきました!

 

こりゃ、行くっきゃない。 12月までの期間限定!

フェアリーテイル・アフタヌーンティー期間は10月4日から12月1日の毎週金土日です。お値段は1人当たり1200Bシャンパン「モエ・エ・シャンドン・アンペリアル」(200mlサイズ)付きだと2150Bとなっています。

ちょっとお値段は高めですが、『美女と野獣』のアフタヌーンティーが楽しめるのはもちろん、ここだけ! しかも使っている食材も超高級です。行ってよかった! と思うこと間違いなし。本格的な演出に、一緒に行ったディズニー好きライターさんと大興奮。メニューを見ながら「これはどのシーンから生まれたのろう……!?」と妄想するのも楽しいですよ!

最近少し涼しくなってきましたし、暖かい紅茶を飲みに、ぜひ行ってみてください!

 

A Fairytale Afternoon Tea

時間 10月4日から12月1日の金土日曜のみ:13時~15時、15時半~17時半
電話番号 0-2079-7000
HP https://137pillarsbangkok.com
FB BANGKOKTRADINGPOST
IG bangkoktradingpost
場所 Bangkok Trading Post Bistro&Deli 137ピラーズ・スイーツ&レジデンス内 スクムビット・ソイ39
MAP

(写真の一部137ピラーズ提供)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 「60バーツ・アーハーン・ターム・サン」の注文ブッフェ Vol…
  2. marie guimar トンローで、東南アジア料理の食べ比べ!
  3. 【Thai Gastronomy Series Ⅲ】11月30日…
  4. perhaps rabbit 不思議の国の「パーハップス・ラビッツ」
  5. 「コート・ヤム・フアイクワーン」のヤム Vol.19
  6. yamato こだわりのシコシコ盛岡冷麺!

オススメ記事

  1. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  2. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  3. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  4. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  5. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!

PAGE TOP