エッセイ広告

【編集部発エッセイ広告】「朝の連ドラ」

「日経は読んでおけ」

直属の上司となる広瀬さんから言われた。空港からこれからしばらく我が家となるサービスアパートに向かう車の中だ。「バンコクでバリバリやろうってときに日本のニュース?」というのが正直な感想だった。

昨夜のそんなやり取りを思い出しながらの朝食。おかずは、広瀬さんに教えてもらった近所の和食屋さんで買った生卵。自家農場があるコラートの大自然で育てたそうだ。

アツアツご飯に卵を割り、箸の先で崩すと黄金に光りながらとろ~っと出てくる。

「……」。無言。本当にうまいものを口にしたとき、人は無口になる。

うまい飯を食うと朝早くとも頭はエンジン全開で動き出す。迎えの車が来るまでの時間、会社が法人契約をしてくれたアカウントを使って日経電子版Proを覗いた。

政治、経済、海外、スポーツ、コラムの数々。事実が淡々と述べられるだけの無味乾燥な文章が並んでいると思っていたが、違った。外国にいると日本がよく見えるといわれるが、まるでドラマを見ているようだった。


お問い合わせはこちら
https://www.nikkeiasia.com/

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【編集部発エッセイ広告】「朝の連ドラ」
  2. 【編集部発エッセイ広告】長い会議は人生の無駄
  3. 【編集部発エッセイ広告】脳内ガッツポーズ
  4. 【編集部発エッセイ広告】聖徳おばちゃん
  5. 【編集部発エッセイ広告】「国境のない街」
  6. 【編集部発エッセイ広告】時代は巡る

オススメ記事

  1. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  4. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  5. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた

PAGE TOP