洋食

オーストラリア産和牛ヒレ肉のステーキ 「55(Fifty Five)」

シェフの言葉
当レストランは、眼下にバンコクの街並みを見下ろしながら食事を楽しめるステーキハウス。自慢のワインセラーは、世界各地から常時3000本以上のワインを用意しています。

お勧めの一品は、オーストラリア産和牛のヒレを使ったステーキとオプションでフォアグラのパンフライの組み合わせです。芳しい赤ワインソースがそそるでしょ?

こちらはぜひ、ミディアム・レアで試して欲しい。風味を逃さず、肉本来の旨味が最大限に引き出されるから。ボルドーワインとの相性が最高にいい一品です。


55(Fifty Five)
料金       Darling Downs Grain-fed Australian Wagyu Filet(8oz) 1355B + Slab of Foie Gras 355B(ともに税サ別)
住所       54th Fl., Centara Grand@CentralWorld
営業時間    月~金:11時半~14時半、18時~23時半、土日:18時~23時半(ともにL.O.22時半)
無休※毎月第1日曜にはシャンパン・ブランチ「SURF & TURF」を実施中
電話     0-2100-6255

 新着記事を読む 

関連記事

  1. トルソッ(石焼)ビビンバ 「Arirang(ありらん)」
  2. 1 手間暇かけた、この1枚! 「ニューヨークスライス」
  3. 【昼食】インドネシア各地の味を 「Rasa Khas」
  4. 【昼食】気力・体力充実ランチ「il cielo」
  5. 【豪華すぎるサンデーブランチ】ピンクを身に着け出かけよう! サイ…
  6. 【昼食】気さくなカリスマシェフの店「Nostro」

オススメ記事

  1. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  2. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  3. タイの強敵〝黒いホコリ〟に打ち勝てる? DACO読者が日立の掃除機を調査!【後編】
  4. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  5. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP