あーっ、あらいな?

【あーっ、あらいな?】「寺が鐘を打つのを止めさせる」 vol.016

ハーム・ワット・ティー・ラカン
ห้ามวัดตีระฆัง

「寺が鐘を打つのを止めさせる」

10月4日、バンコク都内の寺院が鳴らす鐘の音にクレームした女性の事件がネットやテレビで報道され、波紋を呼んでいる。

創建300年以上の古刹ワット・サイでは、毎朝3時半から鐘を鳴らすのだが、そばに建設された高級コンドに住む女性が「うるさいから止めてほしい」と区役所に苦情申し立てをしたという。それを受けて、ネット民の間で「がまんできないなら引っ越せばいい」「信仰心のないヤツだ!」と炎上騒動に。掲題は、ニュースになった際のヘッドラインだ。

さらに、警察がこのコンドの調査に乗り出した際に、偶然、国際指名手配犯だった韓国人を逮捕できたというおまけ付き。

クライ・カー・プラサート
ใครฆ่าประเสริฐ

「だれがプラサートを殺したか?」

現在、タイのネット民は犯人探しに夢中だ。チャンネルONEにて放映中のタイ・ドラマ「ルアット・コン・コン・ジャーン(意訳:血は濃くとも情はなし)」は、中華系タイ人のホテル・オーナーの遺産相続を巡る殺人事件の話で、犯人がだれかわからない趣向が売り。実話がベースだが、細部を変えているため、実際の事件を知っている人も犯人はわからない仕掛けなのだとか。ネット上では連日、掲題のハッシュタグを付けた投稿で、熱い推理合戦が繰り広げられている。

スー・マージャーク・チャーオバーン
ซื้อมาจากชาวบ้าน

「地元の人から買ったんだ!」

カンチャナブリー県の国立公園にて10月7日、事件が発生。警官が保護区にて無許可で宿泊していたグループに職務質問したところ、ライフルと短銃、そして保護動物であるビントロングの手4本を保持していた。「猟をしていたのではない。これは地元の人から買ったんだ」と弁明。ネット上では、「買ったなんてだれが信じるか」とにわか炎上の気配を見せている(10月8日現在、続報は次号にて)。


2018年10月20日発行 ダコ491号に掲載

関連記事

  1. 【あーっ、あらいな?】「人を救うためなら、口出しするよ」 vol…
  2. 【あーっ、あらいな?】「罰金を払うお金がない」 vol.018
  3. 【あーっ、あらいな?】医者の住居か、お化け屋敷か? vol.01…
  4. 【あーっ、あらいな?】任務は絶対に成功させなければならない vo…
  5. 【あーっ、あらいな?】痴漢していい権利なんてない vol.004…
  6. 【あーっ、あらいな?】人間が生臭い vol.008

落語会のお知らせ

  1. フランス人落語家・コピーニさんの落語会【2019年1月25日(金)開催】

オススメ記事

  1. タイのシダーバーグ財団の「こんなところにスリリングな生き方」- 孤児院・職業訓練・語学学校・ムエタイジム支援などから未来を創る
  2. タイの強烈冷房と紫外線対策には「これ」一本で全て解決!? フルボ酸パワーをさっとひと塗り時短で!【オールインワンクリーム AQUA FULVIEC】
  3. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  4. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  5. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク

PAGE TOP