あーっ、あらいな?

【あーっ、あらいな?】「寺が鐘を打つのを止めさせる」 vol.016

ハーム・ワット・ティー・ラカン
ห้ามวัดตีระฆัง

「寺が鐘を打つのを止めさせる」

10月4日、バンコク都内の寺院が鳴らす鐘の音にクレームした女性の事件がネットやテレビで報道され、波紋を呼んでいる。

創建300年以上の古刹ワット・サイでは、毎朝3時半から鐘を鳴らすのだが、そばに建設された高級コンドに住む女性が「うるさいから止めてほしい」と区役所に苦情申し立てをしたという。それを受けて、ネット民の間で「がまんできないなら引っ越せばいい」「信仰心のないヤツだ!」と炎上騒動に。掲題は、ニュースになった際のヘッドラインだ。

さらに、警察がこのコンドの調査に乗り出した際に、偶然、国際指名手配犯だった韓国人を逮捕できたというおまけ付き。

クライ・カー・プラサート
ใครฆ่าประเสริฐ

「だれがプラサートを殺したか?」

現在、タイのネット民は犯人探しに夢中だ。チャンネルONEにて放映中のタイ・ドラマ「ルアット・コン・コン・ジャーン(意訳:血は濃くとも情はなし)」は、中華系タイ人のホテル・オーナーの遺産相続を巡る殺人事件の話で、犯人がだれかわからない趣向が売り。実話がベースだが、細部を変えているため、実際の事件を知っている人も犯人はわからない仕掛けなのだとか。ネット上では連日、掲題のハッシュタグを付けた投稿で、熱い推理合戦が繰り広げられている。

スー・マージャーク・チャーオバーン
ซื้อมาจากชาวบ้าน

「地元の人から買ったんだ!」

カンチャナブリー県の国立公園にて10月7日、事件が発生。警官が保護区にて無許可で宿泊していたグループに職務質問したところ、ライフルと短銃、そして保護動物であるビントロングの手4本を保持していた。「猟をしていたのではない。これは地元の人から買ったんだ」と弁明。ネット上では、「買ったなんてだれが信じるか」とにわか炎上の気配を見せている(10月8日現在、続報は次号にて)。


2018年10月20日発行 ダコ491号に掲載

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【あーっ、あらいな?】「人を救うためなら、口出しするよ」 vol…
  2. 【あーっ、あらいな?】医者の住居か、お化け屋敷か? vol.01…
  3. 【あーっ、あらいな?】「ナプキンはぜいたく品」 vol.035
  4. 【あーっ、あらいな?】任務は絶対に成功させなければならない vo…
  5. 【あーっ、あらいな?】バンコクはあるべき姿を取り戻した vol.…
  6. 【あーっ、あらいな?】「長さ8mの火渡りに挑戦し、1歩目は問題な…

オススメ記事

  1. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  2. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  3. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  4. 〝手術なし〟でも改善できる「子供のO脚・X脚」
  5. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻

PAGE TOP