ワンデートリップ

バンコクから車で90分、気分は英国貴族? 馬と自然に癒やされるプチセレブな1日をパタヤで《レジャーその149》


タイで乗馬というとあまりピンとこないが、王族も乗馬をされたり、陸軍にも騎馬隊がある。そして、バンコクを含む各所に乗馬クラブが存在しているのだ。今回、馬への並々ならぬ愛を持つめぐさんが、「タイ・ポロ&エクエストリアン・クラブ」にてその楽しみを教えてくれました。

【旅して書く係】めぐ/ダックス2頭と在タイ2年目

 

馬と駆けるという夢が
タイに来て叶った

私は小さな頃から馬が大好き! 母からは、木馬にしがみついて何時間でも降りなかったと今でもよくからかわれます。ディズニーのアニメを見れば、白馬に乗った王子様より「白馬」に夢中、遊園地ではメリーゴーランドばかりに何度も乗っていたものです。

いつか本物の馬に乗りたい! と、長年の思いが募って大学時代に乗馬クラブに入ったものの、東京から片道3時間弱、学生には高すぎる費用に泣く泣く断念。

タイで専業主婦をすることになり、「乗馬のチャンス到来」と、何より先に乗馬グッズ一式を揃えて来タイ、バンコクに到着して翌週には乗馬クラブにいました。

今回、パタヤにステキな乗馬クラブがあると聞き、さっそく行ってきました。2005年にオープンした「タイ・ポロ&エクエストリアン・クラブ」、通称タイポロです。約250ヘクタールの広大な緑地が完璧に整備されている圧巻のクラブには、3つのポロフィールド、馬術競技施設や練習場のほか、クラブハウスやプールも併設されています。

 

映画の中にいるような
大自然に包まれて

そこはまるでイギリスの田園地帯。青々とした芝、色とりどりの花、力強い新緑の木々からあふれる眩しい木漏れ日、のどかにながれる川は、森の中の澄んだ池に辿り着きます。どこを切り取っても絵画のように美しく、ゆっくりとした時間が流れていて、歩いているだけでも最高に良い気分! 日本にも、いや世界にも、これほどの規模と高いクオリティの設備を備えたクラブはなかなかないでしょう。馬に触れ、乗り、自然に癒やされる1日となること間違いありません。

到着したらまずは、広大な自然を前に深呼吸。都会では味わえない木花の匂いと気持ち良い風が頬を撫でていきます。悠と草を食む馬を横目に敷地内をしばしお散歩。ロンドンの有名なランガムホテルのバーを完全に模したオシャレなクラブハウスに到着。今なら、英国ウィリアム王子の趣味でもあるポロを観戦しながら、シャンパン片手にランチもできます。


クラブハウスの中には数々のトロフィーが飾られている

 


ランチはクラブハウスで。軽食からタイ料理まであり

 

映画『プリティ・ウーマン』には、ポロを観て、みんなで芝を直すシーンがありますね。タイポロでは、10月から3月の間、毎週末ポロ観戦を楽しむことができ、気分はまさにプリティ・ウーマン。日本では、基本的にポロ観戦はできません。間近で見るポロは大迫力! 一見の価値ありです。

 

馬とともに
大自然を飛ぶ!

今回の目的はなんといっても外乗。馬場ではなく、草原や山野を走ります。暑さのピークが過ぎ、夕陽が眺められる午後からがオススメです。

カパッパカッ。耳に心地良い蹄の音。外に出て馬もなんだか嬉しそう。長く温かい首筋をそっと撫で、くるくると動くかわいい耳に向かって「さぁ、行こう!」(タイの馬に日本語が通じるのか?)。


レッスン風景。世界トップクラスの乗馬学校卒の先生が優しく指導してくれます

最初はゆっくりとウォークです。馬の背中の高さは約160㎝。そこから見る景色は、目線が高いのでとても新鮮。ゆらゆら揺られながら、美しい自然を見渡します。平坦な場所に出たら、いざ駈け足。

駆ける! 馬が駆ける! ドカッドカッというたくましい足音と耳元でヒューヒューと鳴る風を切る音。馬の吐息、上がる体温、共に高鳴る心臓の鼓動を感じながら、その大胆で優雅な動きに身を委ねたら……

あぁ、飛んでる! 古代ギリシア人がなぜペガサスを描いたのか、私にはわかります。そう、馬は本当に翼を持っているんです。


自然の中を走る外乗は気分爽快! いつもより高い視点から見る景色はまた格別です

 

少し走ったら、馬と一緒に夕陽を眺めます。伏し目がちな優しい瞳が私を包み込み、日常の疲れをすべて癒やしてくれます。

1日の余韻が残る淡い茜色の空を見ながら、クラブハウスでワインとピザ。ほろ酔いの身体を、星空が見送ってくれます。

イギリス貴族の休日に迷い込んだような、別世界への完璧なワンデーエスケープ、ぜひご体験ください!

 

見てください、この瞳。まるで吸い込まれてしまいそうな美しさです

 

タイムテーブル

10:00 エカマイバスターミナル出発
12:00 パタヤ到着、タクシーでタイポロへ
12:30 タイポロ到着
13:00 クラブハウスにてランチ
16:30 外乗
20:00 タイポロ出発
22:00 エカマイバスターミナル到着

 

見どころ

タイポロクラブ
Thai Polo and Equestrian Club
場所:111 Polo drive, Moo 9, Pong, Banglamung, Chonburi
時間:8時~11時、15時~16時 月休
電話:09-2258-9816(日本語)
Web:https://thaipoloclub-nihongo-c.amebaownd.com
メール:thaipolo_equestrianclub_japanc@
yahoo.co.jp
(日本語)
料金:外乗1時間:2400B、ひき馬15分:500B、乗馬レッスン45分~50分:2400B

※外乗は無理だけど馬に乗ってみたいという方もキッズも体験乗馬ができます。スタッフが付いていてくれるので安心。落ちる人はまずいません。馬の魅力をたっぷり体験できます。

 

お食事処

チャッカ・バー
場所:クラブハウス内
時間:11時~17時 月休
料金:クラブハウスサンド195B、パッタイ160B、フレッシュジュース135Bなど

 

評価

サバイバル度 ★☆☆☆☆
ローカル度 ☆☆☆☆☆
お洒落度 ★★★★★
知的好奇心満足度 ★★★★★

 

地図

 新着記事を読む 

関連記事

  1. DSC_0223 タイのムーブメントを感じにGo! 週末のみ開催! 穴場の市場…
  2. バンコク発★週末ちょっトリップ 『世界遺産ホイアンの街へ 悠久の…
  3. 生き物好きな息子とテウェート市場周辺紀行
  4. P1020480 【週末★トリップ】アナンタラ・リゾートを拠点に旧市街を観光 ラン…
  5. 新ショッピングモールPure Place(ピュア・プレイス)
  6. 水上生活を再現「ラット・マヨム・ビンテージ・ビレッジ」

オススメ記事

  1. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  2. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  3. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  4. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  5. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?

PAGE TOP