ブンに訊け!

倒産したフィットネスに私物 vol.161

title-bun-inside

編集部のタイ人経理部長「ブン」がタイに住む日本人の悩みを快刀乱麻で解決する!

今号の読者からのご相談

(前略)通っていたアソーク支店も含め、トゥルーフィットネスが突然の閉店となりました。私は4月からの一年間の料金、1万7799Bを支払ったばかりでした。(中略)

問題は、ロッカーに預けている私物が取り出せないと言うことです。年会費は泣く泣く諦めがつくとしても、私物はよりによって思い入れがあり(中略)
トゥルーフィットネスの前に立っているエクスチェンジタワーの警備の方に、入れるようになったら連絡をくれるように、名前と電話番号を、連絡希望者リストに記入して帰りました。

私ができることは、これだけでした。全く手応えがありません。
トゥルーフィットネスは破産しており、連絡がつかないのなら、エクスチェンジの警備の方、立ち会いでロッカーの私物を取りに行けないのでしょうか。

タイの消費者保護センターに訴えることができるとインターネットで知りましたが、数年前に突然営業停止をしたカリフォルニアワオの例を見ても大変難しいと思いました。今はせめて、私物を回収できればと考え直しております。(ユーコ)

 

ブンからの回答

ロッカーの私物はまだだめ

消費者センターに連絡しました。被害者ご本人が必要書類と共に印紙を貼って申請すると1カ月以内に担当職員の名前と連絡先が記された手紙が届き、職員が相談にのってくれるそうです。

事情通に聞いたところ、バージンアクティブフィットネスというところがトゥルー会員を対象にした特別割り引きプランを出しているそうです。電話0・2770・9797。

エクスチェンジに聞くと封鎖されているためだれも中に入れてくれないようです。

 


ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 自動車事故の保険 vol.027
  2. 業者からのワイロ vol.039
  3. 命をかけて首にする vol.045
  4. 世界一安心なタクシーか vol.180
  5. 象にまつわるタイのことわざ vol.196
  6. 運転免許証更新が変更? vol.100

オススメ記事

  1. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  2. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  3. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  4. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  5. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?

PAGE TOP