ブンに訊け!

販売禁止時間のビールの怪 vol.077

今号の読者からのご相談

(前略)先日、ロータス・オンヌット店でビール大瓶1ケースを購入しました。

 

店員さんが腕時計で時間を確認し、レジ処理をし、お会計を済ませて店を後にしようとしたところ、警備員のおばちゃんにレシートの確認をされました。

するとなにやら頭を抱え、捲し立てられましたが何を言っているのかわからず。

 

どうも販売解禁時刻(17:00)の前(16:58)にレジを通してしまっていたらしく、問題があるとのこと。

サービスカウンターで大勢の店員さんが話し合い、最終的に私がビール大瓶4本を追加購入することで解決(?)しました。

 

タイ語が完璧でなく、店員さんに尋ねてもわからなかったので、今回投稿させていただきました。

以下、教えてください。

 

①販売禁止時間内にビールを購入すると店側、客側に何かペナルティがあるのでしょうか?

②どういった基準でビール4本になったのでしょうか??

 

その時のレシートを添付させていただきます。

以上。よろしくお願いします。(タイに来て1年半になるROKI)

 

酒販売に7種の許可

お酒の販売について調べ、ロータスに連絡して新たな知識を得ました。

お酒の販売は必ずしも「11時~14時と17時~24時までの間だけ。それ以外の時間はダメ」というわけではなかったのです。

 

お酒の販売には政府の許可が必要で、その許可は7種類あります。

全種類のお酒を完売できる、タイ産のお酒しか販売できない、24時間販売できる、前述の時間しか販売できない、いつでも販売してもいいが1回の販売で10リットル以上、10リットル未満……。

 

これらの要素が組み合わされて7種類の販売形態があります。

 

10リットル超えで可

ロータスやマクロは

「全種類のお酒をいつでも売れるが1回の販売は10リットル以上」

「全種類のお酒を売れるが1回の販売が10リットル未満の場合、前述の時間しか販売できない」

というライセンスを持っていました。

 

ROKI さんは12本+4本で10リットル以上になりました。これがなぞの正体です。

 

ご質問の①ですが、店側のみに4000B以下の罰金か2年以下の禁固刑またはその両方です。

ロータス・オンヌットの対処法は傑作ですね。

 

ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. なんでもない日がスペシャルに ソフィテル ソー・バンコクの巻
  2. 空港からのぼったくりタクシー vol.202
  3. 【虚構新聞バンコク版】性転換16回の男性、ギネスに認定 vol.…
  4. オーガニックシャンプーで素髪になる Cannaの巻
  5. なにかにつけて警察がくる vol.188
  6. 外国人が加入できない保険に加入していた vol.046

オススメ記事

  1. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  2. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】
  3. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  4. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  5. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】

PAGE TOP