バンコクの街角

バンコクの街から消えゆく屋台……。ついにダコ編集部近くパンティップ・プラザ前でも!

IMG_1358

スクムビット通りソイ38やサパーン・レックなど、このところ当局による(強引かつ突然な)屋台の撤去が相次いでいるバンコク。

屋台には常々お世話になっているので、一連のニュースを痛々しい気持ちで眺めていたのですが、ついにわがダコ編集部のあるペッブリー通りソイ15付近でも屋台の撤去が行われてしまいました。しかも、ある日突然に。

現在、路上は写真のようにガラーンとしております。

 

そして、こんな布告が。

IMG_1341

面倒くさいので全訳はしませんが、これによると3月7日以降、この周辺での屋台の出店や路上での販売行為が禁じられています。

禁止エリアはペッブリー通りの北側はソイ13からパンティップ・プラザに渡る歩道橋まで、南側はパンティップ・プラザからペッブリー通りソイ22まで。

 

これまで数々の屋台でにぎわっていたパンティップ・プラザ前もこんなにすっきりしています。寂しい……。

人も心なしか少なめです。

 

IMG_1363

この動きに合わせて、パンティップの敷地内にはちょっとした屋台エリアが誕生していました。

パンティップ前にあった屋台はここに移動したようで、見覚えのある屋台もちらほらあります。

IMG_1366

 

ところが、屋台の中で一番お気に入りだったケバブ屋台がない……。

撤去を機にまったく別の所に移転してしまったのか、廃業してしまったのか。

いきなりいなくなっちゃうなんて、そりゃないぜセニョリータ!(←予測変換でなぜか出てきました)

 

屋台の撤去はバンコク都なりタイ政府の方針なので、われわれ外国人は指をくわえて見ているしかできませんが、しかし、やるならせめて告知期間を設けてほしいです。それがあれば別れを惜しんで最後に食べに行ったり、移転先を聞いておいたりできるのに……。

 

ちなみにパンティップの対面、歩道橋の東側は相変わらずずらっと屋台が並んでいます。

 

IMG_1364

歩道橋の東と西でこんなに明暗が分かれてしまうとは、ほんの数月前にはだれも(下手したら執行する当局の人も)露ほども知らなかったんでしょうね……。

 

いきなり移転や閉店を命じられてしまった屋台店主の人たちの今後の生活を思うと、とても心配です。ただでさえそう多くない収入のはずなのに、それがいきなりなくなるって、どうなのよ!?(F)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. s-P_20150525_094735 ダコはダコらしく変化し続ける
  2. main ご近所グルメ、こんなコームー・ヤーンは初めてだ! イサーン料理店…
  3. IMG_0724 (2) 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】鉄板焼きレストラン「紅花」のレセプショ…
  4. バンコク、ビジネス間のお年賀
  5. 10月に帰ってくる! 薫画伯のペン画展開催決定!
  6. DSC_7312 暮らしに華やかさを! バンコクの老舗画廊「アコ画廊」が超プロモー…

オススメ記事

  1. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  2. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  3. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  4. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  5. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP