バンコクの街角

今年のタイは紫に染まる!? 祝! シリントーン王女ご生誕60年。

 

こんにちは、Fです。先週はソンクラーン進行のまっただ中で、あまりの忙しさに更新できませんでした。すみません。

先週紹介しようと思っていたのが、「今のタイはとにかく紫色がブーム!」ということ。

なぜ紫色かというと、タイ・ファッション界を牛耳る大人気女性誌が「今年のトレンドは紫!」という特集記事を書いたから……ではありません。去る4月2日に60歳、つまり還暦というめでたいお誕生日を迎えられたシリントーン王女殿下のシンボルカラーだからです。

 

日本では血液型や星座でその人の性格や運勢を占ったりしますが、タイでは誕生曜日がそれに当たります。しかもけっこう本格的で、「何曜日生まれと何曜日生まれは相性がいい、または逆に悪い」「何曜日生まれの人はこんな性格」といった分類分けに加えて、お寺にお参りに行っても、本尊の脇あたりに「何曜日生まれの人のための仏像」が置かれていたりします。

 

そんな中で、各誕生曜日にはシンボルカラーが定められていて、王族の方の誕生日を祝ったりする時は、その色の生地に王室の紋章をプリントした王室旗をタイの国旗と一緒に掲げたりします。

 

そしてシリントーン王女の誕生曜日である土曜日のシンボルカラーは紫色。ということで、今月に入ってからというもの、至る所で紫色のポロシャツを着ているタイ人や、王室旗を見かけるようになりました。

 

こういう王室を敬愛するタイ人を見る度に、祝日になっても日の丸を掲げることがほとんどない今の日本の状況を思い起こしてちょっと寂しくなっちゃったりします。

 

国民から敬愛されるシリントーン王女殿下、ずっとずっと健康で長生きしてくださいね!(F)

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンコク、石けん事情
  2. machikado_0415 カオマンガイが好き!
  3. P_20160301_115741 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第22回 秀家
  4. S__54886457 BACCに水草水槽アートを見に行ってきた。 けど…
  5. IMG_2310 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】ひとり◯◯シリーズ第2弾:寿し居酒屋え…
  6. main そうだ! サファリワールドに行こう! バンコクから30分で行ける…

オススメ記事

  1. スクンビット病院ジャパニーズヘルプデスク-1 タイで病気になったら困りごとがいっぱい? 日本語で相談できるサービスが「スクンビット病院」に新設
  2. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  3. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  4. teshima clinic-1 首や腰の痛みの原因「カチカチの筋肉」、柔らかくする奥のテ! バンコクで見つけました!
  5. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート

PAGE TOP