バンコクの街角

【ごろーの曼谷酒場漫遊記】遂に来た!?魚介ドロドロ系つけ麺!の巻

はい、今回もノンアルコールですよ。

先日、弊誌編集長もつけ麺の話題に触れておりましたが、今回は私もつけ麺で攻めます。

 

※暇さえあればきこりたい。サイアムのニューフェイス「麺屋 きころく」のつけ麺にハマる。

http://www.daco.co.th/information/24792/

 

私は東京に住んでいた頃もつけ麺には目がなく、特に通っていた大学が近くにあった池袋・高田馬場周辺のつけ麺屋に入り浸っていたものでした。

いくつか名前を思い返しても、「東池袋大勝軒」「べんてん」「渡なべ」「BASSOドリルマン」・・・嗚呼、大学時代の記憶が蘇る。

 

そんな中でも、近年は東京・大崎の名店「六厘舎」に代表される魚介のパンチが効いたドロドロのスープが流行っている様で、最近その手の味が無性に恋しくなってきた折、登場しましたよ。

 

つけ麺城!

 

なんとも、シーラチャーで好評を博し、満を持してバンコクに進出したそう。これは期待大。

2016-02-04_135337806_A5CD5_iOS

つけ麺250B

 

2016-02-04_135350033_FD51C_iOS

 

スープは魚介ドロドロ、あの六厘舎系のアレです!魚粉まで添えられているので、魚介のパンチは日本のそれと変わりません!

 

2016-02-04_135344670_61F04_iOS

麺はスープのパンチに負けない、極太麺。これくらい太い方が小麦の味が楽しめていいんですよね。卵も半熟で文句なし!

 

しかし、日本と変わらないクオリティのつけ麺が食べられるなんて、いい時代になったものです。ただ、タイでは豚骨が全盛。この手の魚介系がどれだけ市民権を得られるか、これからに期待したいです。私も家から遠くないから、また行こうかな。

 

つけ麺城

https://www.facebook.com/tsukemenjoekamai/

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. スクムビット・ソイ49のおすすめ韓国料理店「GAYA」
  2. IMG_9476 カリカリで香ばしい皮がクセになる! カオサン近くの老舗レストラン…
  3. 1 どうしてそんなに可愛いの。DACOの癒し系アイドルたち!
  4. IMGP0875 バンコク旧市街散歩に役立つ! 緑の案内板を活用しよう
  5. 【ツルツルやないか〜い!】男性も女性もタイ・バンコクでスキンケア…
  6. ダコ7月20日号の「ちゃいまっか」はいつもとちょっと違うよ。

オススメ記事

  1. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  2. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  3. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」
  4. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  5. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」

PAGE TOP