ブンに訊け!

実は茹で卵だった焼き卵 vol.120

bun-logo

今号の読者からのご相談

ダコ編集部Mです。読者の相談を差し置いて質問させてください。

前回このコラムでタイの調理用語「ピン」について、小片に切った鶏肉、干し魚、餅、パンなどをさっと炙る、と解説しておりました。しかしビーチや道端で天秤棒からさげた網の上に置いて炭火で焼いている「カイ・ピン(焼き卵)」は、サッとでなく、じっくりと焼いています。これはどういうことなのでしょうか。

 

ブンからの回答

一度茹でている

DP2Q3657

 

その名前から焼き卵と思う「カイ・ピン」ですが、実は一度茹でてあるのです。茹でたものを保温のために炭火で軽く炙っています。
生卵からの焼き卵もあります。軽く数時間炙ります。これも「カイ・ピン」と呼ばれますが、例外といっていいでしょう。

 

一度蒸している

DP2Q3656

 

ついでですが、串を刺した焼き卵も「カイ・ピン」と呼ばれます。ですが、あれは生卵の中身を注射器で抜いて味付けしてかきまぜ、殻に戻し、蒸す「蒸し卵」なんです。

その後、保温のために軽く炙りながら売っています。編集部の近くに屋台がありましたので買ってきました。

 

DP2Q3662

右が茹でて炙った「カイ・ピン」。左は味付けして蒸して炙った「カイ・ピン」をスライスしたもの

 

編集部Mさん曰く、「初めて食べたが、魚肉ソーセージの味がする。悪くない。甘めの玉子焼きみたい」だそうです。

ところでMさんによると、「焼き卵」のことを出張者や旅行者に紹介すると「焼き卵?卵焼きだろ? 日本語大丈夫か?」と小馬鹿にされるそうです。そうなんですか?

 

 


ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 税務署職員がしつこい vol.004
  2. title-bun-inside 幼児を抱えたママの夜勤は vol.153
  3. アパートの隣人と犬がひどい vol.107
  4. ウィークエンドマーケットの利権 vol.033
  5. 認知してくれない日本人男性が失踪 vol.072
  6. title-bun-inside 鉄筋が足裏に突き刺さった② vol.162

オススメ記事

  1. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  2. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  3. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  4. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  5. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話

PAGE TOP