ブンに訊け!

実は茹で卵だった焼き卵 vol.120

bun-logo

今号の読者からのご相談

ダコ編集部Mです。読者の相談を差し置いて質問させてください。

前回このコラムでタイの調理用語「ピン」について、小片に切った鶏肉、干し魚、餅、パンなどをさっと炙る、と解説しておりました。しかしビーチや道端で天秤棒からさげた網の上に置いて炭火で焼いている「カイ・ピン(焼き卵)」は、サッとでなく、じっくりと焼いています。これはどういうことなのでしょうか。

 

ブンからの回答

一度茹でている

DP2Q3657

 

その名前から焼き卵と思う「カイ・ピン」ですが、実は一度茹でてあるのです。茹でたものを保温のために炭火で軽く炙っています。
生卵からの焼き卵もあります。軽く数時間炙ります。これも「カイ・ピン」と呼ばれますが、例外といっていいでしょう。

 

一度蒸している

DP2Q3656

 

ついでですが、串を刺した焼き卵も「カイ・ピン」と呼ばれます。ですが、あれは生卵の中身を注射器で抜いて味付けしてかきまぜ、殻に戻し、蒸す「蒸し卵」なんです。

その後、保温のために軽く炙りながら売っています。編集部の近くに屋台がありましたので買ってきました。

 

DP2Q3662

右が茹でて炙った「カイ・ピン」。左は味付けして蒸して炙った「カイ・ピン」をスライスしたもの

 

編集部Mさん曰く、「初めて食べたが、魚肉ソーセージの味がする。悪くない。甘めの玉子焼きみたい」だそうです。

ところでMさんによると、「焼き卵」のことを出張者や旅行者に紹介すると「焼き卵?卵焼きだろ? 日本語大丈夫か?」と小馬鹿にされるそうです。そうなんですか?

 

 


ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 携帯電話代が急激に減る vol.067
  2. 商品が届かない vol.111
  3. 世界一安心なタクシーか vol.180
  4. 野犬が怖いなら保護センターへ vol.186
  5. 空港からのぼったくりタクシー vol.202
  6. タイの警察について vol.015

オススメ記事

  1. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  2. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  3. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  4. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  5. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク

PAGE TOP