洋食

【夕食】スペインの街角気分で「Taburete」

ラム・コンフィのパイ包み焼き

 

こちらはスペインで10年以上暮らし、現地でタイ料理店を経営していたタイ人女性オーナーシェフが帰国後にオープンしたタパス・バーだ。
「スペインの味を気軽に楽しんでほしい」と、食材は極力タイ国内産の物を使って値段を抑えるようにしているとか。また、スペイン以外にイタリアをはじめ地中海各地の料理、創作料理なども置いている。

 

 

試食の1品目は「アスパラのベーコン巻き」。日本の居酒屋でもおなじみのおつまみメニューだが、これにトマトや玉ねぎから作ったロメスコソースを合わせると、一気にスペイン風に変わる。アスパラは柔らかくてとてもジューシー。

 

アスパラのベーコン巻き

 

「 シーフードのフィデウア」は、短く切ったスパゲティを米の代わりに使ってパエリアと同じように調理したもの。エビのスープストックで煮ているそうで、皿から立ちのぼる海鮮の香りがたまらない。噛むとプチプチと小気味よく切れるスパゲティの食感がいい。

 

そして「ラム・コンフィのパイ包み焼き」はとろっとろのラム肉の食感がたまらない。味が濃い目なのでお酒、特に赤ワインに合いそうだ。
気が向いた時にぶらっと入れる、そんな気さくなタパス・バーだった。

 

Taburete

時間 11時~23時半 無休

場所 2/17-2/19 Soi24, Sukhumvit Rd.(知多らーめん隣)

電話 09-1886-1103

HP www.facebook.com/Taburete

料金 アスパラのベーコン巻き190B、ラム・コンフィのパイ包み焼き180B、シーフードのフィデウア380B、タコのサラダ420B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【夕食】 47階でビアガーデン気分 「Cloud 47」
  2. 駅前ルーフトップ「Roof 409」
  3. 1 手間暇かけた、この1枚! 「ニューヨークスライス」
  4. 【夕食】 誰がために腹は鳴る 「Hemingway’…
  5. IMG_1635 シンガポール味紀行 「Element」
  6. レンブラントホテルのイタリアン「ダ・ビンチ」の日曜日限定ブランチ…

オススメ記事

  1. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  2. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  3. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  4. タイの強敵〝黒いホコリ〟に打ち勝てる? DACO読者が日立の掃除機を調査!【後編】
  5. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート

PAGE TOP