洋食

【昼食】ロンドン発イタリアン「Signor Sassi」


昨年9月にアナンタラ・サートーンにオープンしたこのイタリアン、なんでもロンドンの本店は有名人ご用達だとか。店に入ると37階からの景色が目に飛び込んでくる。フロアが半円形になっていて、ほとんどがガラス張りなので景色が広いのだ。特にこの辺りは高いビルが多 いので、昼の景色は壮観のひと言。そして荘厳なオペラのBGMが気分を盛り上げる。第一印象は最高だ。

まずはこの店のイチ押し「スパゲティ・ロブスター」を試食。巨大な平皿に、トマトソースたっぷりのスパゲティがどかんと盛られている。一人で頼んではいけ ない量だ。さっそくフォークに麺のみを巻きつけてパクリ。甘い! 酸っぱい! トマトソースがとても濃厚だ。

甘すぎる気がしたが、ロブスターの身を絡めて 食べると、身の香ばしさやシャキシャキ感が加わって、また違った味わいに変わる。取材陣3人でペロッと平らげてしまった。

そしてビジネスランチ。前菜9種、1stディッシュ7種、メイン5種から組み合わせて注文できる自由度の高さが特徴だ。前菜の「クラブ・サラダ」が特に気に入った。アラスカ 産のカニの身をほぐし、セロリやニンジンと和えたものなのだが、カニ肉のボリューム感、身の締まり具合と甘さが最高。とても贅沢な一品だ。今度は夜景を眺めに来てみたい。

 

「Signor Sassi」
営業時間  12時~14時半、18時~23時半 無休
住所     37th Fl., Anantara Sathorn, 36 Narathiwas-Ratchanakarint Rd.
電話     0-2210-9011
HP       Facebookにて「Signor Sassi Bangkok」で検索
料金     ビジネスランチ(前菜+メイン)590B(月~金の昼のみ)、スパゲティ・ロブスター1180B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_0515 新感覚のシーフード 「Summer House Project」…
  2. IMG_9456 新時代の和洋折衷 「Freebird」
  3. fox クリエイティブなスイーツと雑貨
  4. London Pie01 やさしい味の英国パイ「 London Pie 」
  5. holy moly 中身ぎっしりパイ!「ホーリーモーリー」
  6. souffle ふわふわ、焼きたて!「スフレ&ミー」

オススメ記事

  1. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  2. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  3. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  4. 富士JDC歯科医院-entrance タイでの歯科治療は不安? 日本語で相談できる「富士JDC歯科医院」
  5. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に

PAGE TOP