ダコスタッフ日記

ウチナータイムでまったりと ニライカナイの巻

今年のソンクラーンに沖縄旅行に行ってからというもの、沖縄料理に対してのイメージがガラッと変わった。今までは「大味」「油っぽい」という先入観があったが、実際に食べてみると濃い味の中にも繊細に光るやさしさがあった。なるほど、長寿の島の料理だけあるな。

 

定番どころからの脱却

ジーマミー豆腐 120B

 

それ以降、バンコクに戻ってきてからもちょくちょく沖縄料理を食べに、トンローにあるニライカナイへと足を運んでいる。廃材や流木を使った手作り感のあふれるれる店内は沖縄民謡が流れ一歩足を踏み入れると「ウチナータイム」に心が包まれる。

 

席に座りメニューを眺めると名の知れたものからちょっと見慣れない料理が並んでいる。

初めて来る方は定番どころのゴーヤチャンプルーやソーキそばなどからオーダーしてみて「お、いける!」と思ったら名前の見たことのない料理を注文してみると良いと思う。

 

ソーキそば 170B

 

今回、店員さんにお勧めされたのがジーマミー豆腐とナーベランブシーだ。

ジーマミー豆腐とは落花生の絞り汁に芋くずを加えて作られたもの。

落花生の甘さと粘り気がなんとも独特でお菓子とおかずの間といった料理だろうか? 

子供にも食べやすい料理なので家族揃っての食事の際に一品注文したい。

 

ナーベランブシー 150B

 

続いてのナーベランブシーはヘチマの味噌炒め煮と言ったところ。炒めたヘチマのとろみとシャキシャキ感に豚肉の旨味と味の濃い味噌が絡みあう。味はもちろんだが食感を楽しみたい料理だ!

 

もずくの天ぷら?

スヌイの天ぷら 180B

 

また個人的にオススメなのはスヌイ(もずく)の天ぷら。

初めて食べた時は衝撃が走った。もずくの粘っこさをまったく感じさせず、とてもあっさりとしている。

天つゆと塩どちらでもいけるが、素材の味を楽しみたいので塩でいただく。

 

その後、泡盛の注がれた琉球グラスの底をクククッと上げれば、心地よい時間を過ごせることは間違いないだろう。

 

ニライカナイ

場所 トンロー・ソイ11

時間 17時~24時 無休

HP www.copa-a.co.jp

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンコクの運河浄化作戦 vol.106
  2. 699Bの日本食ブッフェ! 遊膳の巻
  3. 経理が不正。犯人は私? vol.086
  4. 【虚構新聞バンコク版】高齢象社会到来、深刻な社会問題に vol.…
  5. 警備員の無法 vol.108
  6. 味よし! コスパよし! 韓国料理店GAYAの巻

オススメ記事

  1. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  2. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  3. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  4. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  5. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?

PAGE TOP