ダコスタッフ日記

ウチナータイムでまったりと ニライカナイの巻

今年のソンクラーンに沖縄旅行に行ってからというもの、沖縄料理に対してのイメージがガラッと変わった。今までは「大味」「油っぽい」という先入観があったが、実際に食べてみると濃い味の中にも繊細に光るやさしさがあった。なるほど、長寿の島の料理だけあるな。

 

定番どころからの脱却

ジーマミー豆腐 120B

 

それ以降、バンコクに戻ってきてからもちょくちょく沖縄料理を食べに、トンローにあるニライカナイへと足を運んでいる。廃材や流木を使った手作り感のあふれるれる店内は沖縄民謡が流れ一歩足を踏み入れると「ウチナータイム」に心が包まれる。

 

席に座りメニューを眺めると名の知れたものからちょっと見慣れない料理が並んでいる。

初めて来る方は定番どころのゴーヤチャンプルーやソーキそばなどからオーダーしてみて「お、いける!」と思ったら名前の見たことのない料理を注文してみると良いと思う。

 

ソーキそば 170B

 

今回、店員さんにお勧めされたのがジーマミー豆腐とナーベランブシーだ。

ジーマミー豆腐とは落花生の絞り汁に芋くずを加えて作られたもの。

落花生の甘さと粘り気がなんとも独特でお菓子とおかずの間といった料理だろうか? 

子供にも食べやすい料理なので家族揃っての食事の際に一品注文したい。

 

ナーベランブシー 150B

 

続いてのナーベランブシーはヘチマの味噌炒め煮と言ったところ。炒めたヘチマのとろみとシャキシャキ感に豚肉の旨味と味の濃い味噌が絡みあう。味はもちろんだが食感を楽しみたい料理だ!

 

もずくの天ぷら?

スヌイの天ぷら 180B

 

また個人的にオススメなのはスヌイ(もずく)の天ぷら。

初めて食べた時は衝撃が走った。もずくの粘っこさをまったく感じさせず、とてもあっさりとしている。

天つゆと塩どちらでもいけるが、素材の味を楽しみたいので塩でいただく。

 

その後、泡盛の注がれた琉球グラスの底をクククッと上げれば、心地よい時間を過ごせることは間違いないだろう。

 

ニライカナイ

場所 トンロー・ソイ11

時間 17時~24時 無休

HP www.copa-a.co.jp

 新着記事を読む 

関連記事

  1. DSC_1822 洋の東西が融合したステキ空間で宮廷タイ料理 マハナガの巻
  2. 【虚構新聞バンコク版】苦境のインラック首相 車いすも武装化 v…
  3. ビジネストリップならケイライントラベルの巻
  4. もう使ってる? PC用のメガネ パリミキの巻
  5. DSC_7285 本帰国前の置いていくものどうする? トーキョージョーの巻
  6. DSC_9558 美容鍼灸で頬と女子力アップ ジャパニーズ鍼灸クリニックの巻

オススメ記事

  1. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  2. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)
  3. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  4. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  5. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」

PAGE TOP