洋食

【夕食】 ローマのお袋の味って? 「Appia」

冷たくてさっぱりプッリャ風カプレーゼ

 

最近、友人たちの間で人気急上昇中なのがこのお店。

ローマ出身のシェフPaolo氏と、トンローの人気タイ料理店「ソウルフード・マハナコン」を経営するJarret氏が今年3月に立ち上げた店だ。

 

 

コンセプトはローマの街角にあるトラットリア(食堂)。精肉店を営む家庭に生まれたPaolo氏が、幼い頃から食べ続けてきた「ローマのお袋の味」を再現して提供している。

店内はクラシカルな木製のカウンターを中心に、木を多用していて温かみのある雰囲気。夜に来るとくつろげそうだ。

 

試食の1品目は「プッリャ風カプレーゼ」。

グリルしたトマトとナスにモッツァレラではなくブッラータ・チーズを合わせたお店オリジナルのカプレーゼだ。

口に入れると冷たいトマトとナスの水気がドッとあふれ、とろっとしたチーズと共にすっと胃に流れていく。

 

次は「トリッパのトマト煮込み」。

トリッパとは牛の胃のこと。2時間以上煮込まれた胃のモニュモニュとした食感がクセになる。

トマトの酸味とチーズのこってり味で次々と手が伸びてしまう。

濃厚チーズ カルボナーラ

 

「カルボナーラ」はチーズと卵のみでクリームを使わないローマ風。卵はなんとチーズだけを食べて育った鶏が産んだイタリアのもので、とにかく濃厚なチーズの味が楽しめる。

ローマに行きたくなった。

 

Appia

時間 18時半~ 23時 月休

場所 20/4 Soi 31, Sukhumvit Rd.(ソイ31を入って約300m右手)

電話 0-2261-2056

HP http://appia-bangkok.com

料金 プッリャ風カプレーゼ400B、トリッパ(ハチノス)のトマト煮込み310B、パッケリ・カルボナーラ380B、牛テール・シチュー550B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 駅前ルーフトップ「Roof 409」
  2. 【夕食】 肉のうま味と向き合う「Colonial Bistro」…
  3. arroz トンローでスペイン料理を堪能! 「アロス」
  4. CuisinedeGarden01 森の中のファインダイニング 「キュイジーヌ・デ・ガーデン」
  5. ラム肉のタジン鍋 「Crepes & Co.」
  6. Cast Iron Burgerhaus_2 熟成肉でハンバーガーを「Cast Iron Burgerhaus…

オススメ記事

  1. とにかくまず体験してほしい! かかとの角質が10秒でポロポロとれるスプレー【CELLOMON(セロモン)】
  2. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  3. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  4. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  5. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に

PAGE TOP