洋食

【昼食】気軽に楽しめるイタリアン「No.43」

今号のランチはランスアン通りの高級サービスアパートメント「ケープハウス」のメインダイニング「No.43」。1998年開業とバンコクでは古株にあたるイタリアンだ。

 

 

ここの売りはなんと言っても毎日11時~ 14時にやっているランチブッフェだ。10種類以上の料理にサラダやピザ、注文を受けてから作るパスタブースなどひと通りのメニューが揃っていて390Bはかなりのお値打ち。タイ料理もあるほか、特別コーナーでは寿司&刺し身、点心、クレープなどが日替わりで提供される。安定のブッフェだ。

 

エビとほうれん草のピザ

 

今回はアラカルト・メニューも試食してみた。まずは「エビとほうれん草のピザ(ピザ・アフォガータ)」。ひと切れ手に取ると、モッツァレラ・チーズがむにょ~んと伸びる。チーズが垂れないように気を付けて頬張ると、ジューシーなほうれん草の汁が口に広がった。これに薄くてクリスピーなピザの食感とエビのこりっこりの食感が加わると……恍惚の一瞬だ。
ちなみに「アフォガータ」とは「溺れる」という意味。納得。

 

マグロのカルパッチョ

 

「 マグロのカルパッチョ」はスリランカ産のマグロを生ハムのように薄くスライスして、レモンソースとエキストラヴァージンオリーブオイルなどでいただく。マグロの柔らかな口当たりを最大限に生かしていて、こちらも忘我のひと時となった。

 

No.43

時間 6時~24時 無休

場所 Cape House, 43 Lang Suan Rd.

電話 0-2658-7444

HP  www.capehouse.com

料金 イタリアン・ランチブッフェ(毎日:11時~ 14時)390B(税サ込)、エビとほうれん草のピザ275B、マグロのカルパッチョ280B、ラムチョップ600B、ティラミス120B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_8210 童話世界のカフェ 「Into The Woods」
  2. holy moly 中身ぎっしりパイ!「ホーリーモーリー」
  3. アヒルモモ肉のコンフィ 「Chez Papé」
  4. 【昼食】 都心なのに緑あふれる「VIU @ St.Regis」
  5. タイ長ナス入り スパゲティーペペロンチーノ 「ロータスカフェ」
  6. 【夕食】 おかんのパスタ「Dory Seafood Bistro…

オススメ記事

  1. 太陽の雫_01 チェンマイの山麓で育つマンゴー「太陽の雫」の木 オーナー募集!
  2. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  3. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  4. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  5. capella bangkok hotel top 【ホテルフードをデリバリー】カペラホテルの絶品タイ料理〜最上級アフタヌーンティーをご自宅で

PAGE TOP