洋食

【昼食】気軽に楽しめるイタリアン「No.43」

今号のランチはランスアン通りの高級サービスアパートメント「ケープハウス」のメインダイニング「No.43」。1998年開業とバンコクでは古株にあたるイタリアンだ。

 

 

ここの売りはなんと言っても毎日11時~ 14時にやっているランチブッフェだ。10種類以上の料理にサラダやピザ、注文を受けてから作るパスタブースなどひと通りのメニューが揃っていて390Bはかなりのお値打ち。タイ料理もあるほか、特別コーナーでは寿司&刺し身、点心、クレープなどが日替わりで提供される。安定のブッフェだ。

 

エビとほうれん草のピザ

 

今回はアラカルト・メニューも試食してみた。まずは「エビとほうれん草のピザ(ピザ・アフォガータ)」。ひと切れ手に取ると、モッツァレラ・チーズがむにょ~んと伸びる。チーズが垂れないように気を付けて頬張ると、ジューシーなほうれん草の汁が口に広がった。これに薄くてクリスピーなピザの食感とエビのこりっこりの食感が加わると……恍惚の一瞬だ。
ちなみに「アフォガータ」とは「溺れる」という意味。納得。

 

マグロのカルパッチョ

 

「 マグロのカルパッチョ」はスリランカ産のマグロを生ハムのように薄くスライスして、レモンソースとエキストラヴァージンオリーブオイルなどでいただく。マグロの柔らかな口当たりを最大限に生かしていて、こちらも忘我のひと時となった。

 

No.43

時間 6時~24時 無休

場所 Cape House, 43 Lang Suan Rd.

電話 0-2658-7444

HP  www.capehouse.com

料金 イタリアン・ランチブッフェ(毎日:11時~ 14時)390B(税サ込)、エビとほうれん草のピザ275B、マグロのカルパッチョ280B、ラムチョップ600B、ティラミス120B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_0515 新感覚のシーフード 「Summer House Project」…
  2. 1 定番から変わり種まで! 「Hanoi House」
  3. jona waffle ふっくらワッフルで、くつろぎのひととき
  4. 【夕食】技ありの一品をカジュアルに 「The Library b…
  5. Michellin_cover タイ全国のフードラヴァーへ 「ミシュランガイド・バンコク2018…
  6. 【昼食】気軽に楽しめるイタリアン「No.43」

オススメ記事

  1. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  2. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  3. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  4. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  5. 選りどりみどりで困っちゃうー!? 超豪華だけどリーズナブルなフリーフロー・イタリアン・ランチ@メディーニ【The Continent Bangkok】

PAGE TOP