ちょっトリップ

週末 ★ 隣国トリップ 国内線で飛んで国際バスに乗り換え、食道楽の旅

ラオス・ビエンチャンへ

旅人が誘ってくれるのは、適度にローカルな旅情が味わえる隣国へのビザトリップ。
ビザが関係ない人も、今回のビエンチャンへのルートをなぞれば、裏技付き食道楽の2泊3日が満喫できる。
次はあなたが、スタミナ丼を喰らえますように。

 

【旅して書く係】髙田 胤臣タイ在住11年。華僑報徳善堂でボランティア・レスキュー隊員になり8年目。

 

本来の目的はビザ取得の旅なのだが、実はこのルート、食道楽の旅も合わせて楽しめるので、このところハマッている。
とはいえ、時間が無尽蔵にあるわけではない。

バンコクからお隣のラオスに遊びに行くのに、クイックリーかつ旅情を味わいながらとなると、タイ東北部のウドンターニー(以下、ウドン)までエアアジアなどで飛んで、そこから国際バスでビエンチャンに入る方法がいい。
朝のフライトであれば、昼過ぎにはビエンチャンに到着する。ビザ取得の関係もあるのだが、日本ではできない陸路での国境越え。
バスの乗車時間も2時間程度とちょうどいい距離だ。

国際バスの裏技、続々!

ウドンの空港に着いたら、まずは市内のバスターミナルに向かう。
バスはあまり大きくなく、1日6本あるとはいえ乗れない場合が出てくる。満員時の裏ワザを紹介しよう。
それは「車掌や運転手に直接乗せてくれと頼むだけ」というもの。
こういう場合、倍の料金とか賄賂的なものを取られることが多いが、この路線の従業員たちは良心的で、正規料金しか取らない。
ウドンを出発し、約1時間弱でノンカイの国境ゲートに到着する。

時間帯によってイミグレは大行列。
ここにも早く通る裏ワザがある。それは、20B程度をパスポートに挟んで車の出国ブースに行くこと。
自家用車での出国は人数が少ないので早い。この裏ワザはバスの車掌らと行くと成功率が高い。ただし出国時のみ。入国は荷物検査があるので、この手は使えない。ご注意を。

「ラオス風うどん」から始めよう

市場開放され、急成長中のビエンチャン。とはいえ、まだまだ田舎臭さががっつりと残り、人の良さが滲み出ていてほっとする。
まずは朝、ラオ・プラザホテルそばの食堂でカオピアックをすする。熱いスープに、くにゅくにゅとした食感だが腰のある麺。
ラオス風クイティアオというよりはラオス風うどんといった感じ。ラー油のような辛味噌をちょこっと入れると胃が元気になるようだ。

そして在ラオス大使館でビザを申請する。安宿が並ぶメコン川エリアからはそう遠くないので、貸し自転車で行くとちょうどいい。
ラオスの午前中はホント気持ちがいい。ただ右側通行なので、横断時や右左折直後に注意したい。

僕が欠かさないスタミナ丼

申請後はバスターミナルがある市場「タラート・サオ」のモールに行く。
エアコンもそこそこに効いていて、いい暇つぶしになる。1階は携帯電話ショップがずらり。
ラオスではiPhone5がすでに並んでいるし(もちろん完全に偽物)、車型の怪しい携帯も売られている。
気軽に手に取って見せてくれ、写真まで撮らせてくれる。

フェラーリ型の携帯の電池に大きくポルシェと書かれていたのにはセンスすら感じた。
昼はセタティラット通りのワット・ミンサイの近くにある「大阪ハックジャオ」のスタミナ丼と決めている。
熱々の丼を汗をカキカキ掻きこむのが快感で、ビエンチャンに来たら欠かさず食べる。
甘めのタレが豚肉によく絡んでいてグッド。セットの味噌汁もバンコクにありがちなぬるめ設定ではなく、とてつもなく熱いのも個人的には好きだ。漫画も置いてあるので、長居もできる。

夜は本格イタリアンの「ヴァンドーム」、「コープジャイダー」でラオスステーキ、最近ではタイのフジ・レストランが進出したので違いを試してみるのもおもしろいかもしれない。

ウドンで最後のひと息

さて、翌日午後のビザ受け取り。午後イチで受け取れば、ウドンから17時台の飛行機に乗れる。
大使館には1時間以上前に並ぶか、代書屋などに300Bを渡して整理券を取っておいてもらうという裏ワザを使うしかない。
結局、ラオスでのビザ取り旅行は裏ワザのオンパレードといったところ。これも東南アジアの旅の醍醐味だと思いたい。

最近のウドンはセントラルデパートが完成しにぎやかになった。
駅前のナイトバザールも活気がある。日本の屋台を引いた日本風ラーメンもあったり、夕方の便で無理にバンコクに戻らなくても、1泊ウドンで遊ぶのも楽しかったりする。

 

ウドンターニー移動・滞在情報

● ウドンターニー空港からバスターミナルへの交通機関
 乗り合いバン80B、リムジンタクシー200B、トゥクトゥク150B
所要時間:約20分

● 宿泊ホテル
The One Residence
 251/5 Prajak Rd. Muang Udonthani
 0-4224-4330
 500B~

 

ラオス入国・滞在情報

● 為替レート 1万Kip(以下K)≒38B

● 在ビエンチャン・タイ大使館
 http://vientiane.thaiembassy.org/vientiane/en

● 乗り物情報
国際バス:ウドン→ビエンチャン約2時間80B、ビエンチャン・バスターミナル→ウドン2.2万K
 8時、10時半、11時半、14時、16時、18時

トゥクトゥク:タラート・サオ・バスターミナル―ワットミンサイ周辺 約10分2万~3万K
ワットミンサイ周辺-タイ大使館約20分3万~3.5万K

● 宿泊ホテル
Samsenthai Hotel
 15 Manthathurath St. Vientiane Lao  P.D.R.
 +856-21-212116
SamSenthaihotel@yahoo.com
 13万K前後

● うまい店
カオピアック食堂 Namphou Coffee
 ラオ・プラザホテル横の十字路を噴水広場方向に入ってすぐ右手
 カオピアック1.6万Kなど

大阪ハックジャオ Osaka Hac Chao
 Trueカフェの斜め向かい
 +856-20-5561-5801
 8時~22時 (ランチタイム10時~15時) 年中無休
 スタミナ丼3.5万K (ランチ時は2.9万K)セット4.5万K (ランチ3.9万K)など

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. P1090067 バンコク発ちょっトリップ 『バルコニーに寝ころんでダナンの海に上…
  2. DSC09735 【週末★トリップ】ペッチャブーン県へ週末の高原ドライブ 懐かし…
  3. 週末ワンナイト ★ トリップ 全長455mの木造橋と湖に沈む寺
  4. 運河沿いの黄昏お宅訪問、クローン・バーン・ルアン
  5. 515のバスで映画博物館【1回】
  6. 週末★トリップ ドライブがてらの海沿い田舎リゾートへ  ラグジ…

オススメ記事

  1. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  2. meditation breathing yoga Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻
  3. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  4. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  5. グリーンライフ サービスアパート シラチャ 単身の赴任者に人気の「グリーンライフ サービスアパート シラチャ」。その理由を探る!

PAGE TOP