バンコクの街角

「乙女心を忘れぬすべての貴女に贈る 新感覚アフタヌーン・ティー・ファンタジー」(ダコ本誌488号掲載広告 p.7サイアムケンピンスキー【ロングバージョン】)

アフタヌーン・ティーにやってきた。
BTSサイアム駅からサイアムパラゴンを通って徒歩8分にあるサイアム・ケンピンスキーのハヌマン・バー。ロビーのその先にある大きな窓からはプールサイドでくつろぐ西洋人の姿が見える。ハープ奏者が緩やかな指捌きで心地いい曲を奏でる中、いただく午後のお茶のひと時はひと味違った。

 

使われるティーは、ドイツの最高級ブランド「ロンネフェルト(Ronnefeldt)」のもの。24種のラインナップがあるが、オススメは? と聞いたところ、今回のアフタヌーン・ティーと相性のいい3種を紹介してくれた。ベルガモット(こぶみかんの葉)香る「スプレンディッドアールグレイ(Splendid Earl Grey)」、口当たりかるく爽やかな「ホワイトユンナンシルバーティップス(White Yunnan Silver Tips)」、マンゴーのフルーティさが際立つ「モルゲンタウ(Morgentau)」。

 

私たちが席に着き、紅茶を選ぶとさっそく「カナッペ」が運ばれてきた。ピクニック気分が味わえるようにとタイのお弁当箱「ピントー」に入れられてくる。パステルカラーの厚めのセラミックがかわいらしい。

 

頃合を見計らってスタッフが運んでくれたのは「サンドイッチ」のツリー。これにも新趣向が凝らされており、なんとシェフ自らがやってきて、その場でノルウェー産のスモークサーモンを切り分けてくれる! なに、これ? こんなアフタヌーン・ティー見たことない!

 

次はお待ちかねの「スコーン」が恭しく木の箱に入れられて、私の目の前に。開けると布で包まれたスコーンと金色の「K」が輝き、私の胸をドキドキさせる。プロポーズされたときもこんなには興奮しなかったのに! クロテッドクリーム、パッションフルーツジャム、ラズベリージャムを塗りその当時に思いを馳せながら口に運ぶ。目の前にいるコイツもあのときはまだもっと細くて初々しかった……。

 

そんなことを考えながら、次を待っていたら、またまた箱に入れられた、今度は……宝石? いや「ミニ・エクレア」! ジュエリーを選ぶように、2つ選ぶ。まさに宝石箱や~!

 

最後まで楽しんでね、と言っていたスタッフの言葉どおり、最後に一番の大物がやってきた。それは、金の実がたわわに実った蓬莱の玉の枝? わたしはかぐや姫か! 「ミニャルディーズ」にはマカロンがあり、チョコのタルトがあり、マシュマロがあり、タイ菓子のルークチュップ(緑豆餡)があり、とタイと西洋のスイーツがふんだんに盛り込まれている。

 

こんなファンタジーの世界に連れ込んでくれるアフタヌーン・ティー、どこを探してもほかにないだろう。完全に日常を忘れて、時間を忘れ、乙女な頃の自分に戻ってしまっていた。

日常を忘れ、夢の国へと連れて行ってくれる場所がここにあった。

 

ハヌマン・バーで9月から始まった「アフタヌーン・ティー・リイマジンド」は高級ディナーを思わせる5品コースでやってくる。24種から選べるドイツの高級ブランド「ロンネフェルト」とともにどうぞ。

Afternoon Tea Reimagined

時間:土日のみ 14時~17時(L.O.16時)
料金:999B(税サ別)
電話:0-2162-9000
HP:https://www.kempinski.com
場所:サイアム・ケンピンスキーG階ハヌマン・バー

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_3618 せっかくタイ国際航空に乗るので、スワンナプーム空港のロイヤル・オ…
  2. IMG_1745 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】ペナン島の思ひ出の画像を淡々と貼り付け…
  3. ダコ386号「路線バスの旅」特集の裏話~マハチャイの港町からの帰…
  4. seafood2 週末はレムチャバンのレストラン「スタンラック」でダラダラ
  5. 【ちょっとアートな週末を過ごしてみた】日本からやってきたアーティ…
  6. セントラル・エンバシーに行ってきた

オススメ記事

  1. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  2. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  3. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  4. スタイリッシュかつ多機能! 大人の男のための贅沢カバン【TUMI TAHOE FINCH バックパックコレクション】
  5. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】

PAGE TOP