バンコクの街角

【ごろーの曼谷酒場漫遊記】なかなか行けかなったところ②「Vertigo and moon bar」の巻

バンコクに住んでいても、敷居が高くてなかなか足を運ばないお店は少なからずあるはずで、例えば大阪に住んでいても頻繁に「吉兆」に行ける人は数えるほどしかいないでしょう。

 

そう考えると、日本から来客があって初めて行くようなお店も珍しくないのではないかと。今回は有名にも関わらず来客をもてなすために初めて行ったお店を書く第2弾です。

 

 

Vertigo and moon bar

バンコクにあるルーフトップバーを相撲のごとく個人的に格付けするならば、西の横綱を「シロッコ」東の横綱はバンヤンツリーホテルにあるここでしょうか。賛否両論あるとは思いますけれども。

 

夜景だと手ブレが酷い。やっぱり現地に行かねば。

 

こちらレストランとバーが併設されているのですが、バー利用であればドレスコードも予約もなしで入れるという素晴らしいスポットなのです。それであればレストランを使う理由もあまりなくなってしまいますね、理由は下記。

 

南国の夜はモヒートに限る。

 

もちろんお酒も本格派ですが、お通しが結構美味。スナック類ではありますがワサビの効いた豆などそれなりにボリュームがあります。ちびちびとやりながら、これらを食べているだけでそれなりにお腹も膨れてきます。

って、なんだかビンボー臭い話になってきたなこりゃ。(ごろー)

 

 

 

Vertigo and moon bar

https://www.banyantree.com/en/thailand/bangkok/dining/vertigo

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. s-P_20160923_072548 ラオスのパクセーに社員旅行行ってきました!
  2. main ハチミツ好きの人も、そうでない人も! ハチさんリスペクトのカフェ…
  3. バンコクのタクシーの不思議。
  4. sky1 曇天のバンコク眺望
  5. P_20160109_130817 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第16回 カレーの王様
  6. IMGP5657 ANAの2016年版カレンダーはタイ人漫画家のタムくんことウィス…

オススメ記事

  1. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  2. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話
  3. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  4. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  5. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?

PAGE TOP