バンコクの街角

本誌に載せられない裏・ちょっトリップ「インド・デリー」後編

(本誌に載せられない裏・ちょっトリップ「インド・デリー」前編からのつづき)

初日飲みすぎたので、昼過ぎのチェックアウト時間ギリギリまでホテルで過ごしてから行動開始。まずは昼食のインドカレーを食べにメトロに揺られて移動。

 

 

Swagath Restaurant

 

ドアマンがいるなど、日本人もびっくりの過剰サービスっぷりが光るこちらのお店、もちろんカレーの味も最高だし(少なくとも日本、タイの感覚では)リーズナブル。インドのローカルビール「Kingfisher」を1本プロモーションでオマケしてくれたのですが、前日の酒が残っていて飲めず。すみません、次の機会に。

 

あと、いくつかの種類のカレーを少しずつ味わいたかったなー。1種類だけってのは飽きますねえ。

 

 

Swagath Restaurant

※他に支店もいくつかあり。

http://www.swagath.in/

 

 

Khan Market

その後腹ごなしに、デリーの銀座こと「カーンマーケット」に向かいました。

インドでしか飲めない、スターバックスの「アイスチャイラテ」。美味い。

 

 

狭いエリアではありますが、インド国内外のブランドのファッションやら雑貨、ITガジェットが売られていてショッピングには最適。個人的には有名コスメショップ「Kama Ayurveda」がおすすめ。他、とてもおしゃれなインドローカルのバッグやTシャツを売っているお店も(店名をすっかり忘れてしまった……)。銀ブラではないが、熱風と砂埃漂う中でもぶらぶらしてみたいと思えるデリーでは珍しいスポット。

 

 

 

Khan Market

 

 

フマユーン廟

 

かのタージ・マハルのモデルとなった宗廟がデリー市内にあります。1565年に造られたフマユーン廟、このタージ・マハルに勝るとも劣らない荘厳さは圧巻の一言。入場料(インド人やタイ人など指定の国籍の人であれば10ルピー。その他の国籍の場合USD5。なんと価格差30倍以上とこちらも圧巻の一言。)がかかりますが、敷地内はデリー市民の憩いの場となっているようです。

 

フマユーン廟

http://www.humayunstomb.com/

 

インド門

 

第一次世界大戦で戦死した兵士を弔うために、フランス・パリの凱旋門をモチーフに造られた門。観光客やら物売りやら大道芸人やらゴチャゴチャしているのはここも変わらない。

 

 

 

 

Time schedule

1日目

8:30 バンコク・スワンナプーム空港発

11:30 デリー・インディラ・ガンディー空港着

13:30 メトロでニューデリー駅着、周辺をうろうろするも昼食を食べ逃す

15:00 ホテルにチェックイン

17:00 グルガオンへUBERにて移動

18:00 グルガオンのホテルにて大宴会

2日目

1:00 デリーのホテルに戻る、就寝

12:00 ホテルチェックアウト、移動開始

13:00 Swagath Restaurantでカレーを食す

14:00 カーンマーケットでショッピング

15:00 フマユーン廟

17:00 インド門

18:00 デリーの繁華街・コノートプレイスをぶらぶら

20:00 メトロを乗り継いで空港に向かう

23:00 インディラ・ガンディー空港発

3日目

4:55 スワンナプーム空港着

 

 

こんな3日間でも充分楽しめましたが、弾丸でかつインドは体力的にかなりしんどい。スケジュールに余裕があるのであれば、ゆったりのんびりするに越したことはないというのが今回の結論です。でもグルガオンはもうちょっと見てみたかったなー。(ごろー)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 魅惑のサパーンプット・ナイトマーケット
  2. DTAC REWARD 知らなきゃ損! タイのスマホにはお得なクーポンが盛りだくさん! …
  3. IMGP3522 台湾を旅行したら、なぜか至る所にタイがあった!
  4. タイで4G(LTE)回線サービスを急速拡大中のDTACが4GB分…
  5. main ご近所グルメ、待望の日本料理屋が登場! 「ホシ・ジャパニーズ・レ…
  6. s-P_20160805_154500 セブンイレブンで発売開始されたマルエスの新商品を食べてみた

オススメ記事

  1. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  2. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  3. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  4. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  5. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」

PAGE TOP