バンコクの街角

エムクォーティエの中に新しいバーバーができた。が、そこは行きつけの支店だった話

最近はおしゃれメンズも理容室、床屋、いや今風にいうバーバーで髪を切る人も増えて来ているようです。このサイトでもいくつかのバーバーを紹介しておりまして、メンズの今のトレンドを抑えたヘアスタイルにするには、今や美容院よりもバーバーでやるのがベターなのかなとさえ思えるほどです。

 

(参考)

Ken Cuttoが指南! 男を上げる髪型って?【バンコクの床屋】
【ごろーの曼谷漫遊記】紳士必見!英国王室御用達バーバーで漢を磨く!の巻

 

 

ある日、エムクォーティエ内を歩いていると、バーバーの新店を告げる立て看板を発見。

 

「Craftsman Voyage」なるバーバーです。どこかで聞いたことのあるような名前なのですが、物は試しなので後日予約して行ってみました。

 

 

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、バーバーとは言えちゃんとしたテナントとして入っているわけではなく、ファッションフロアの一角にブースを作ったような感じで、少し拍子抜け。ただカットとスタイリングはきっちりやってくれるので問題なし。ただ私めは身長が足らずシャンプー台が苦痛そのものだったのがちょっと不満でしたが。

ただ、エムクォーティエの中で買い物ついでにビシッと髪を整えたい時、あとは髭のメンテナンスをするにはいいお店かと。

 

で、後日気がついたのですが、ここ以前紹介したプラカノンのバーバーの支店だったようです。そりゃ店名が似ているはずだ。ちなみに場所柄、本店と支店とでカット料金が違います。ご注意あれ。

 

 

Craftsman Voyage

エムクォーティエ2階

https://www.facebook.com/Craftsmanvoyage

 新着記事を読む 

関連記事

  1. woo 今チェンマイで一番イケテるカフェ!? 緑あふれる憩いの場、「ウー…
  2. 「乙女心を忘れぬすべての貴女に贈る 新感覚アフタヌーン・ティー・…
  3. ニュースがちょっとだけ分かりやすくなる。クーデターに関するタイ語…
  4. ファイル_001 (1) 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】K氏、常陸野ネストビールにはまるの巻
  5. さよなら? パンティップ・プラザ
  6. ヒルトン最上級ブランドが魅せる! 魅惑の西洋&タイのミックスへよ…

オススメ記事

  1. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  2. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  3. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  4. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  5. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?

PAGE TOP