バンコクの街角

【ごろーの曼谷酒場漫遊記】場末の飯屋を求めて、プラカノン市場を行くの巻

「バンコクのローカル食堂で、こここそ場末!と呼べるところはどこでしょうか?」

 

 

 

 

以前、「場末の定食屋」を謳うプラカノンの定食屋さん「うま食堂」のオーナーさんにある質問を投げかけたことがありました。

 

 

 

 

 

その時に即答で頂いたお答えを頼りに、実際に足を運んでみたのが今回。

 

場所はプラカノン市場。もうこの時点で場末感満載。歩きながら撮影をしたら手ブレも満載。

 

 

手がかりはミャンマー料理店ということと、個人店だけにプロットできないGoogleマップのみ。そもそもミャンマー料理が何たるかよく理解していないまま、この迷路に迷い込んでしまった。店先にはタイ料理にしかみえない屋台ばかりで、なかなかたどり着けず。この日は暑さにもやられ、撤退を余儀なくされました。

 

 

後日ミャンマー料理の種類と、ミャンマー語の文字の形の特徴を頭の中に入れて再度プラカノン市場へ。

 

歩き始めて十数分、なんとなくタイ文字とは違う屋台が目に止まり、入ってみると……

 

あっ、ネットで見たミャンマー料理と思われる品々!とりあえず店内に入ってみます。

 

どうでしょう?この場末感。この逆側はタイにありがちな生活感満載な感じだったので、写真撮るのを自粛しました。

 

今回は癖の少なそうなチェアルーネッヒンという、鶏肉のカレーと肉じゃがの中間のような料理を頂きました。

タイ料理と比べて塩気が少し強い印象を受けましたが、ここまで汗も大量にかいてきたもんだから、むしろ丁度よかった。オープンエアーでエアコンなんて当然ありませんから。塩辛さにやられそうになった時には、写真中央の逆に塩味が弱めのたけのこのスープがいい感じに中和してくれました。

 

結論、確かに場末感満載のお店ではありましたが、周辺は開発がかなり進んでいるのでこの一角も将来どうなるかは不透明。この光景がこの先も長く続いて欲しいものですが、果たして。(ごろー)

 

 

※正確な場所がプロットできなかったので、大体の位置を。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ダコ386号「路線バスの旅」特集の裏話~マハチャイの港町からの帰…
  2. 【徹底解説】バンコク・タクシー界に革命を起こす!? 乗車拒否なし…
  3. s-P_20150525_094735 ダコはダコらしく変化し続ける
  4. 【ちょっぴり贅沢な気分に浸れる週末を】パタヤで優雅に英国式ガーデ…
  5. 10年前シリーズその2。
  6. gantetsu ネギ好き歓喜のねぎばからーめんがうまい!「北海道らあめん がんて…

オススメ記事

  1. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  2. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  3. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  4. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  5. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】

PAGE TOP