バンコクの街角

【ごろーの曼谷酒場漫遊記】場末の飯屋を求めて、プラカノン市場を行くの巻

「バンコクのローカル食堂で、こここそ場末!と呼べるところはどこでしょうか?」

 

 

 

 

以前、「場末の定食屋」を謳うプラカノンの定食屋さん「うま食堂」のオーナーさんにある質問を投げかけたことがありました。

 

 

 

 

 

その時に即答で頂いたお答えを頼りに、実際に足を運んでみたのが今回。

 

場所はプラカノン市場。もうこの時点で場末感満載。歩きながら撮影をしたら手ブレも満載。

 

 

手がかりはミャンマー料理店ということと、個人店だけにプロットできないGoogleマップのみ。そもそもミャンマー料理が何たるかよく理解していないまま、この迷路に迷い込んでしまった。店先にはタイ料理にしかみえない屋台ばかりで、なかなかたどり着けず。この日は暑さにもやられ、撤退を余儀なくされました。

 

 

後日ミャンマー料理の種類と、ミャンマー語の文字の形の特徴を頭の中に入れて再度プラカノン市場へ。

 

歩き始めて十数分、なんとなくタイ文字とは違う屋台が目に止まり、入ってみると……

 

あっ、ネットで見たミャンマー料理と思われる品々!とりあえず店内に入ってみます。

 

どうでしょう?この場末感。この逆側はタイにありがちな生活感満載な感じだったので、写真撮るのを自粛しました。

 

今回は癖の少なそうなチェアルーネッヒンという、鶏肉のカレーと肉じゃがの中間のような料理を頂きました。

タイ料理と比べて塩気が少し強い印象を受けましたが、ここまで汗も大量にかいてきたもんだから、むしろ丁度よかった。オープンエアーでエアコンなんて当然ありませんから。塩辛さにやられそうになった時には、写真中央の逆に塩味が弱めのたけのこのスープがいい感じに中和してくれました。

 

結論、確かに場末感満載のお店ではありましたが、周辺は開発がかなり進んでいるのでこの一角も将来どうなるかは不透明。この光景がこの先も長く続いて欲しいものですが、果たして。(ごろー)

 

 

※正確な場所がプロットできなかったので、大体の位置を。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_2193 ダコ編集部のお昼ごはん 平凡珍味の巻。
  2. Platinum Cafe1_R 【クリスマスやバースデーにぴったり!】バンコクで生クリームのケー…
  3. makaron バンコクで苦手克服!
  4. 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】なかなか行けなかったところ①「スカラ・…
  5. 年末年始の長期休暇、手元に現金がない! とならないための、ちょっ…
  6. main ご近所グルメ、こんなコームー・ヤーンは初めてだ! イサーン料理店…

オススメ記事

  1. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  2. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  3. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  4. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  5. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?

PAGE TOP