バンコクの街角

天の国王陛下を偲んで。タイの人気アーティストたちが続々と追悼曲を発表しています。

sekrama9

 

プミポン国王陛下(ラマ9世)御崩御から9日間が経ちました。私は所要で日本に来ているため、街の様子をお伝えすることはできませんが、代わりに、タイを代表するアーティストたちが次々と発表している国王追悼曲を紹介します。

 

歌詞の訳までは手が回りませんが、彼らの奏でる音色や歌声を聴くだけでも、悲しみや悼む気持ちが伝わってくると思います。

 

まずは逝去の翌々日に発表された曲を。

当代きってのロックスター、Sek Losoが発表した「チャン・グート・ナイ・ラチャガーン・ティー・ガーウ」(俺はラマ9世の治世に生まれた)。SNSでは今、この「私はラマ9世の治世に生まれた」というフレーズを、その死を悼みつつも誇りを持って掲げる投稿が流行しています。

 

今年で活動35年、その社会性の高い曲によって、まさにタイの歴史と共に歩んできたともいえる国民的フォーク・ロック・バンド「カラバオ」のリーダー、エート=カラバオによる「ポー・プミポン」(父、プミポン)。国王陛下の在りし日のお姿が流れるMVは、さすが国民的アーティスト、すぐに映像の使用許可が下りたんでしょうね。

 

 

ポップ・ロックのヒット曲を次々と世に送り出している、今のタイ音楽界を代表する名プロデューサー・フォーンビアの「ポー・クラップ」(ねぇ、お父さん)

 

 

レコード会社RSプロモーションの所属アーティストたちによる「ルーク・コーン・ポー」(父の子供)。リリース日が10月13日なので、これは追悼曲ではなくて回復祈願のための曲と思われます。

 

 

人気ディスコ・ファンクバンドGroove RidersのボーカルBurinによる「ボット・プレーン・コーン・ポー」(父のために作られた曲)

 

 

今日紹介したのは一部だけで、すでにさまざまなアーティストが追悼曲や追悼動画などを公開しています。

また、追悼曲ではありませんが、国王陛下自ら作曲された「サーイ・フォン」(雨垂れ)という曲を日本人の越中誠(リュシフェルという解散したバンドのボーカルで、タイで大人気)が歌った動画もあります。

 

音楽好きで、自身も作曲・演奏していたプミポン国王。今は娯楽自粛期間ですので目立った動きはまだありませんが、しばらくすれば追悼のためのアルバム、コンサート、イベントが各種開かれることでしょう。(F)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 木曜9時半、伊勢丹前でおなじみの光景といえば? そう、アレです。…
  2. 1 よしもと555ライブでムエタイシに遭遇した件
  3. s-P_20160201_122933 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第18回 さぼてん
  4. さよなら? パンティップ・プラザ
  5. IMG_3058 【朗報】スワンナプーム空港でのリエントリー・パーミット(再入国許…
  6. バンセンビーチに思う

オススメ記事

  1. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  2. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  3. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  4. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  5. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート

PAGE TOP