バンコクの街角

天の国王陛下を偲んで。タイの人気アーティストたちが続々と追悼曲を発表しています。

sekrama9

 

プミポン国王陛下(ラマ9世)御崩御から9日間が経ちました。私は所要で日本に来ているため、街の様子をお伝えすることはできませんが、代わりに、タイを代表するアーティストたちが次々と発表している国王追悼曲を紹介します。

 

歌詞の訳までは手が回りませんが、彼らの奏でる音色や歌声を聴くだけでも、悲しみや悼む気持ちが伝わってくると思います。

 

まずは逝去の翌々日に発表された曲を。

当代きってのロックスター、Sek Losoが発表した「チャン・グート・ナイ・ラチャガーン・ティー・ガーウ」(俺はラマ9世の治世に生まれた)。SNSでは今、この「私はラマ9世の治世に生まれた」というフレーズを、その死を悼みつつも誇りを持って掲げる投稿が流行しています。

 

今年で活動35年、その社会性の高い曲によって、まさにタイの歴史と共に歩んできたともいえる国民的フォーク・ロック・バンド「カラバオ」のリーダー、エート=カラバオによる「ポー・プミポン」(父、プミポン)。国王陛下の在りし日のお姿が流れるMVは、さすが国民的アーティスト、すぐに映像の使用許可が下りたんでしょうね。

 

 

ポップ・ロックのヒット曲を次々と世に送り出している、今のタイ音楽界を代表する名プロデューサー・フォーンビアの「ポー・クラップ」(ねぇ、お父さん)

 

 

レコード会社RSプロモーションの所属アーティストたちによる「ルーク・コーン・ポー」(父の子供)。リリース日が10月13日なので、これは追悼曲ではなくて回復祈願のための曲と思われます。

 

 

人気ディスコ・ファンクバンドGroove RidersのボーカルBurinによる「ボット・プレーン・コーン・ポー」(父のために作られた曲)

 

 

今日紹介したのは一部だけで、すでにさまざまなアーティストが追悼曲や追悼動画などを公開しています。

また、追悼曲ではありませんが、国王陛下自ら作曲された「サーイ・フォン」(雨垂れ)という曲を日本人の越中誠(リュシフェルという解散したバンドのボーカルで、タイで大人気)が歌った動画もあります。

 

音楽好きで、自身も作曲・演奏していたプミポン国王。今は娯楽自粛期間ですので目立った動きはまだありませんが、しばらくすれば追悼のためのアルバム、コンサート、イベントが各種開かれることでしょう。(F)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】味だけじゃない日本式カレーに感動、青り…
  2. IMG_3510 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】コーヒーゼリードリンクにハマりかけてま…
  3. IMGP7585 台湾の米どころ・池上は、ご当地名物の便當よりもサイクリングがおす…
  4. IMG_0752 【日本のケーキが食べたい方へ!】 プラチナムカフェのロールケーキ…
  5. 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】ランカウイと言えば海、海といえばシーフ…
  6. PeopleonPause01 週末ナイトは郊外のカフェバーでクラフトビールとまったりライブ。「…

オススメ記事

  1. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  2. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  3. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  4. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  5. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】

PAGE TOP