バンコクの街角

一時帰国時の強い味方となるか!? 「YOKOSO SIM」を買ってみた。

Untitled-1

 

こんにちは。過酷で激烈を極めた『歩くバンコク』制作の日々が一段落ついたFです。

『歩くバンコク』は、ついに私の手をほぼ離れ、印刷所の手に委ねられました。このまま順調にいけば、日本では7月下旬、タイでは7月中旬に店頭に並ぶ予定です。ぜひ買ってください。

 

さて、大仕事が終わったら長期休暇だ! ということで、来週一時帰国します。今週末はそのための準備(主にお土産調達)に走り回る予定なのですが……。子供が生まれたばかりの家庭へのお土産ってなにがいいですかね?

 

それはそれとして、帰国時に欠かせないのが通信手段。スマホをネットに繋げる方法です。

帰国中も仕事のメールチェックは欠かせないし、友人との待ち合わせにも必須。

なによりスマホゲームの中には1日でも休むと実績がパーになってしまうという凶悪なものがある!

 

そんなわけで、ここ数年は日本に帰る度に通信手段を用意していました。しかも、研究の意味を込めて、毎回違うものにチャレンジしています。

 

最初に利用したのは、WIFI-HIREのWi-Fiルーターレンタルでした。この頃は旅行者向けのプリペイドSIMがまだなく、ルーターレンタルの会社も少なかったので当時は「WIFI-HIRE一択でしょ!」という感じでした。

 

ただし、利用してみると、とにかくモノがかさばる!

ルーターそのものは小さいのですが、レンタル時に説明書、充電アダプタや充電ケーブルなどを入ったポーチを渡されて、それらを持ち歩くことになってしまいます。

 

それに、電池の減りが早い!

ルーターそのものの特性なのか、単にいろんな利用者が使ったせいでバッテリーがへたっているのか分かりませんが、電源を入れっぱなしにしていると、みるみる電池が減っていきます。その都度モバイルバッテリーにつなげて充電しないといけません。スマホも充電する必要が出てくるので、2台同時に充電することもあって、かさばります。

それを避けるにはこまめにオン・オフすればいいのですが、いちいち起動するのはとても面倒です。

 

そして、物を借りるのは面倒くさい!

まず、事前に受け取りカウンターの場所や営業時間を確認しないといけませんし、ルーターをなくしてしまったら弁償が必要になります。借りる人が多い時は並ばないといけません。これも面倒です。

 

しかも、実家が田舎すぎて電波が入らないこともありました。一応札幌市内なんですけどね……。

 

そんなこんなで、旅行者向けSIMが発売されて以降はSIMを使うことに決めています。

あ、ルーターレンタルの悪いところばかり書いてしまいましたが、いい所も挙げてみますと、

 

1.ネットの速度がものすごく快適! ストレスフリー!

2.使用制限なし!

3.ルーターに10台まで機材が繋げられるので、たとえば仕事でノートPCとスマホを同時に使いたい人とか、グループ旅行でシェアしたい人にはおすすめ。

 

といった感じです。

 

SIM派になった私が次に使ってみたのは、この手のSIMカードのタイにおける草分け的存在である「SUGOI SIM」

こちらは7日間利用可能なSIMが490B(プロモーション料金で、正規料金は800Bですが、もうずっと490Bで売ってます)と、なかなかお得な料金です。ただし、去年日本に帰ったときに使ったところ利用制限に苦しめられました。

 

1日のうち100MB分まではdocomoの4G回線が使えるのですが、それを超えるとMAX128kbpsの速度に落ちてしまいます。

(※その後改善されています。詳しくは下記)

 

この制限がまたきつい! 東京に居た時は128kbpsでもなんとか必要な通信はできていたのですが、実家ではまったくと言っていいほどつながらず……。どうしてもネットが必要な時は本当にイライラしました。

 

そのイライラの教訓を活かして今回は別のSIMにしよう! と思って探してみたところ、「YOKOSO SIM」なるものを見つけました。こちらは1日の利用制限がない代わりに、8日間で3GB分まで利用可能です。しかも、使い切った後も通信可能で、SUGOI SIMは128kbpsなのに対し、こちらは256kbpsと倍の速度。これはうれしい!

 

 

ちなみに、弊社の広告主、YourMobileでも日本国内向けSIMを販売しています。こちらは有効期間が30日間とかなり長いことが一番の売りで、その他にも通信量を使いきってしまったらリチャージできたり、その決済がコンビニで簡単に可能だったりというメリットがあります。これは1週間以上の長期間日本に帰る人や出張者、日本滞在中に仕事で重いファイルをやり取りするようなヘビーユーザーにはおすすめできそう。

 

僕の場合は短期で帰ることと、ネット接続は基本的に遊びのために使うため、「YOKOSO SIM」を選択。

 

Untitled-2

 

ウェブサイトの日本語ページが完全に日本語されてないことと、「在庫切れ」表示ばかりなのが気になる上、料金表示も半端な数字でなんだか気になりますが……。とりあえず購入するSIMをクリックして、マイカートから購入します。

 

購入にはサイト内で利用者登録する必要がありますが、Facebookアカウントでも登録・ログイン可能。

 

肝心の料金はSIMが500B、EMSでの送料が50Bの計550Bでした。

購入すると、料金の振り込み先(銀行口座)が3つほど表示されるので、その一つを選んで、ATMまで行って振り込み。

そのスリップ画像を送信すると、先方が入金確認をして、確認後にEMSで発送してくれます。

 

ちなみに振り込みから発送までの所要時間は約2時間でした。なかなか早いです。

 

そして、翌日会社に来てみると、もうYOKOSO SIMからの封筒が!

 

IMG_1864

 

到着早すぎ!

 

IMG_1866

 

パッケージがSUGOI SIMに比べると明らかにダサいのが気になりますが、意外だったのは、パッケージ内にMicro SIM用のアダプターと、iPhoneのSIMスロットを開けるときに使うあの金具(名称不明)が入っていたこと。「あの金具」って本当になくしやすい上、どこで買えるかわからないので、これは助かりますね。

 

こうして、日本滞在用のSIMは無事確保できました。後は実際に使うだけ! 使ってみた感想はまた後日、気が向いたらアップします。

 

■追記

上で触れたSUGOI SIMの1日100MBの使用制限ですが、この記事を書くために調べたところ、その後、いつの間にか制限が撤廃されて、現在は無制限でずっと速度MAXのまま使えるようになったようです。知らなかった……。てか、こんなすごいサービス向上したなら、もっと大々的に宣伝したらいいのに……。

しかも、SUGOI SIMのスマホアプリから購入すると349Bになるみたい(ただしタイ人向けなので、日本人は周りのタイ人に買ってもらいましょう)で、さらに安く手に入れられる様子。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. some (117) チェンマイ女子旅におすすめ!カレンの村でごはん作りと天然染め そ…
  2. IMG_1587 パタヤとシラチャで貝三昧!
  3. クレット島で発見! 自家製のクラフトビール「Chit Beer」…
  4. 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】なかなか行けかなったところ②「Vert…
  5. IMG_6660 のコピー 「微笑みの国」は変わったのか?
  6. ランカウイの穴場ビーチに行ったら、店がほぼなし。でもコレでいいの…

オススメ記事

  1. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  2. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】
  3. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  4. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  5. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」

PAGE TOP