バンコクの街角

ダコ営業ケンタの休日 ウェイクボード

毎週末外にお出かけするのが楽しみなダコ営業ケンタの休日

今回は、ダコ編集部の日本人半数以上が経験者という巷で話題のスポーツ、ウェイクボードを紹介します!

ウェイクボードとは

ロープに引っ張られながら水の上をスノーボードのように滑るスポーツです。

 

s-IMG_2695

こんな感じ

 

ウェイクボードというと、船にひっぱられながらやるイメージが強いですが、ウェイクパークというワイヤーでひっぱられながらやることもできます。

タイ国内には、私の知るかぎりで8ヵ所あり、タイ人の間でもけっこう人気スポーツのようです。

 

s-IMG_2726

シュパパパパーン

友だちに勧められ、ぼくはウェイクボードを始めて約半年ですが、はじめはロープの引きの強さと自分の出来なささに心が折れそうになりました、というか1回折れて、休止半年余りしました。

ボードに立てるようになって、ウェイクパークを一周できるようになるまでがたいへんですが、達成感がヤバイ!

ちょっとでも気になった方、さらにウェイクボードの始め方を紹介します!

 

バンコク近郊のウェイクパーク紹介

3ヵ所あります。

タイウェイクパーク

Facebook: thaiwakepark


サヌックウェイクパーク

Facebook: zanookwakepark


タコ

Facebook: Taco-Wakeboard-Club

 

いずれも市内から日帰りが可能です。

 

s-IMG_2700プロも通うタイウェイクパーク


装備としては水着のほかに、ヘルメット、ライフジャケット、ウェイクボードで、どこのウェイクパークもいずれの装備をレンタルすることができるので気軽に始めることができます。


初心者には料金が高く少し遠いですが、設備が良く滑りやすいタイウェイクパークがおすすめです。

 

気になる料金

ホット、ホッター、ホッテストなタイでは年中楽しめます。交通費も含めて、一日約800バーツから始められます。

費用はウェイクパークによって違いますが、
1番安いタコであれば、一日チケット400バーツで装備は無料。
プロも通うタイウェイクパークであれば、一日チケット1,350バーツにヘルメット60バーツ。
(性能のいいボードを借りると、別途レンタル料がかかります)

 

s-IMG_2752欧米系の外国人も多い

ウェイクパークまでの足は、タクシーもしくは大人数であればバンを使用します。1番近いタコで片道ひとり約200バーツ、タイウェイクパークで片道ひとり約400バーツ(高速代込)。通常は複数でいくので、その人数割りになります。GrabTaxiを使うと便利です。

 

仲間募集

そうはいっても、ひとりでは行きにくい。ぼくも仲間がいたので、気軽に、そして色々教えてもらいながら楽しめてます。仲間と、滑ったあとのビールを飲むのも最高です。

コメントもらえれば、ウェイクボード週末にお誘いしますよ!

s-IMG_2839楽しいヨ!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. tom yam udon2 ト、トムヤムクンうどんスープ丼…… だと……
  2. IMG_4590 ユニ○ロ、無○良品にそっくりなお店にそっくりなお店が、パンティッ…
  3. sekrama9 天の国王陛下を偲んで。タイの人気アーティストたちが続々と追悼曲を…
  4. IMG_3351 驚愕の変化!太もも2.54センチ減!!!!セルライトさようなら~…
  5. カリスマCDショップとインディーズ・フリー・マーケットを巡る一日…
  6. 日常の死角第2弾。プラトゥーナムの野外上映会。

オススメ記事

  1. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  2. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  3. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  4. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  5. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】

PAGE TOP