ダコスタッフ日記

おいしいトマトをタイでも サイトウフーズ&ジャパン・アグリ・チャレンジの巻

kosana_goro2

鮮やかな赤がおいしさの証

 

「このトマト、本当においしいから食べてみて下さい!」

サイトウフーズ齋藤社長から、開口一番紹介されたのが「bio bijin」という名のトマト。正直、私は生のトマトはあまり得意ではない。恐る恐る食べてみると、これがまた甘くておいしい。お話によるとタイで栽培されているものらしい。しかも仕掛け人は日本人。色々と興味が湧いてきたので、その農家の方をご紹介して頂けることになった。

お話を伺ったのは、生産元であるジャパン・アグリ・チャレンジの野口豪さん。野口さんご自身も元々は長野県でトマトを栽培されており、2015年5月からペッチャブーン県ナムナオにてタイでも生産を開始された。

 

kosana_goro1

タイでの生産者のみなさん

 

あえてタイの土地に合う品種ではなく、甘みとうまみを最大限引き出せる品種を日本から直接持ち込み、それで勝負。そのため、標高850mのナムナオという長野県に近い土地条件
がぴったりだったと言う訳だ。

栽培を始めてから日が浅いものの、反響は徐々に出てきているそうだ。そもそもトマト嫌いのタイ人でも、この高糖度(8度以上。タイ産のトマトはせいぜい6度程度とのこと)のトマトなら食べられるということで、スーパーで開かれた試食会も大好評。最近は飲食店への納入も増えてきているのだとか。

「タイのトマト嫌いの人にぜひ食べてもらいたい」と語る野口さん。ちなみにこのトマトでのおすすめ料理はパスタソース。齋藤社長もそうおっしゃっているのだから、相当おいしいに決まっている。近々試してみようか。

kosana_goro

サイトウフーズ

料金:タイ産完熟トマト「bio bijin」(1パック120g)68B
時間:9時~17時半 日曜休
電話:0-2381-5601
Web:www.saitofoods.com

 


DACO への広告ご掲載へのお問合せは 08-7685-3338​ 
コサナーとはタイ語で広告のこと。ごろーはダコの営業マンである

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. タイで注目のデザイナーが手掛けるインテリア&家具の巻
  2. フレキシブルってどういうこと? パーソーンタイ語学校の巻
  3. 普段の生活でも使えるオシャレな防水バッグ ストリームトレイルの…
  4. 夕方から夜遅くまで楽しめる アジアティック・ザ・リバーフロントの…
  5. 天然成分99.5%! アミノ酸シャンプー「APSARA」開発秘話…
  6. 直接法でしっかりタイ語を身につけよう!  ピアミットランゲージス…

オススメ記事

  1. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  2. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】
  3. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  4. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  5. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】

PAGE TOP