ダコスタッフ日記

おいしいトマトをタイでも サイトウフーズ&ジャパン・アグリ・チャレンジの巻

kosana_goro2

鮮やかな赤がおいしさの証

 

「このトマト、本当においしいから食べてみて下さい!」

サイトウフーズ齋藤社長から、開口一番紹介されたのが「bio bijin」という名のトマト。正直、私は生のトマトはあまり得意ではない。恐る恐る食べてみると、これがまた甘くておいしい。お話によるとタイで栽培されているものらしい。しかも仕掛け人は日本人。色々と興味が湧いてきたので、その農家の方をご紹介して頂けることになった。

お話を伺ったのは、生産元であるジャパン・アグリ・チャレンジの野口豪さん。野口さんご自身も元々は長野県でトマトを栽培されており、2015年5月からペッチャブーン県ナムナオにてタイでも生産を開始された。

 

kosana_goro1

タイでの生産者のみなさん

 

あえてタイの土地に合う品種ではなく、甘みとうまみを最大限引き出せる品種を日本から直接持ち込み、それで勝負。そのため、標高850mのナムナオという長野県に近い土地条件
がぴったりだったと言う訳だ。

栽培を始めてから日が浅いものの、反響は徐々に出てきているそうだ。そもそもトマト嫌いのタイ人でも、この高糖度(8度以上。タイ産のトマトはせいぜい6度程度とのこと)のトマトなら食べられるということで、スーパーで開かれた試食会も大好評。最近は飲食店への納入も増えてきているのだとか。

「タイのトマト嫌いの人にぜひ食べてもらいたい」と語る野口さん。ちなみにこのトマトでのおすすめ料理はパスタソース。齋藤社長もそうおっしゃっているのだから、相当おいしいに決まっている。近々試してみようか。

kosana_goro

サイトウフーズ

料金:タイ産完熟トマト「bio bijin」(1パック120g)68B
時間:9時~17時半 日曜休
電話:0-2381-5601
Web:www.saitofoods.com

 


DACO への広告ご掲載へのお問合せは 08-7685-3338​ 
コサナーとはタイ語で広告のこと。ごろーはダコの営業マンである

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 作り手の気持ちがこもったジュエリー ジュエリー神吉の巻
  2. 通いやすくないと続かないでしょ? スクムウィットタイ語学校 の巻…
  3. interior_bag1 たくさんの素敵なモノに出合えるお店 ピースストアの巻
  4. 01 かけこみOK 飲食業界の強い味方 みのはんの巻
  5. 夢と想っていた海外就職を実現できる? トランス・コスモス の巻
  6. IMG_8097-icon 骨の調整で痛みを取る J-Clinicの巻

オススメ記事

  1. グリーンライフ サービスアパート シラチャ 単身の赴任者に人気の「グリーンライフ サービスアパート シラチャ」。その理由を探る!
  2.  harmoniq-residence_1 新たに4BRが登場! 日本人ファミリーのための“サービス付き賃貸住宅” 「ハーモニック レジデンス シラチャ」
  3. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  4. You delivery_top 《ダコ読者限定プロモーションあり!》日本語で利用できるデリバリー「YOU」が〝おいしい〟を自宅へ
  5. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】

PAGE TOP