ダコスタッフ日記

おいしいトマトをタイでも サイトウフーズ&ジャパン・アグリ・チャレンジの巻

kosana_goro2

鮮やかな赤がおいしさの証

 

「このトマト、本当においしいから食べてみて下さい!」

サイトウフーズ齋藤社長から、開口一番紹介されたのが「bio bijin」という名のトマト。正直、私は生のトマトはあまり得意ではない。恐る恐る食べてみると、これがまた甘くておいしい。お話によるとタイで栽培されているものらしい。しかも仕掛け人は日本人。色々と興味が湧いてきたので、その農家の方をご紹介して頂けることになった。

お話を伺ったのは、生産元であるジャパン・アグリ・チャレンジの野口豪さん。野口さんご自身も元々は長野県でトマトを栽培されており、2015年5月からペッチャブーン県ナムナオにてタイでも生産を開始された。

 

kosana_goro1

タイでの生産者のみなさん

 

あえてタイの土地に合う品種ではなく、甘みとうまみを最大限引き出せる品種を日本から直接持ち込み、それで勝負。そのため、標高850mのナムナオという長野県に近い土地条件
がぴったりだったと言う訳だ。

栽培を始めてから日が浅いものの、反響は徐々に出てきているそうだ。そもそもトマト嫌いのタイ人でも、この高糖度(8度以上。タイ産のトマトはせいぜい6度程度とのこと)のトマトなら食べられるということで、スーパーで開かれた試食会も大好評。最近は飲食店への納入も増えてきているのだとか。

「タイのトマト嫌いの人にぜひ食べてもらいたい」と語る野口さん。ちなみにこのトマトでのおすすめ料理はパスタソース。齋藤社長もそうおっしゃっているのだから、相当おいしいに決まっている。近々試してみようか。

kosana_goro

サイトウフーズ

料金:タイ産完熟トマト「bio bijin」(1パック120g)68B
時間:9時~17時半 日曜休
電話:0-2381-5601
Web:www.saitofoods.com

 


DACO への広告ご掲載へのお問合せは 08-7685-3338​ 
コサナーとはタイ語で広告のこと。ごろーはダコの営業マンである

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 路地に佇む南仏家庭料理の名店 Chez Papeの巻
  2. thebase_sukhumvit 【コサナー営業レポート】※最新版 すずき不動産 おすすめ【売買物…
  3. タイドラマの人気コンビが大活躍!「Krist-Singto」の巻…
  4. 読売新聞東南アジア国際版_01 情報力、足りていますか? 読売新聞国際版の巻
  5. 本当にラクになるマッサージ、ここにあり! ココらくの巻
  6. これが、タイにいる間に入っておきたい生命保険!インシュランス11…

オススメ記事

  1. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  2. King’s College International School Bangkok_01 イギリス系インターナショナルスクール「キングスバンコク」開校! 2021年度(9月スタート)生徒募集中
  3. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  4. SOLINGE 研ぎ器-1 包丁から爪切りまで!? 家庭に1つあると便利な研ぎ器 SOLINGE「マルチシャープナー」
  5. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント

PAGE TOP