バンコクの街角

インドのビザがオンラインで取得可能に!


以前こちらで「ミャンマーの観光ビザがインターネットで取れる」というニュースを紹介しましたが、
今度はインドでも、観光ビザがインターネット上で取得可能になっています。

 

先日、見かけたバンコクポストの記事がこちら。

「India new visa rules benefit Thai travellers」
http://www.bangkokpost.com/news/general/445794/india-new-visa-rules-benefit-thai-traveller

この見出しでは「タイの旅行者」となっていますが、タイを始め、日本やオーストラリア、ブラジル、ドイツなど43カ国の国民がオンライン・ビザ・サービスを利用できるようになっています。

 

 

 

「Tourist Visa on Arrival」

https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html

「ツーリスト・ビザ・オン・アライバル」と名付けづけられたこちら、名前だけだと空港に到着後に取得する「アライバル・ビザ」のようですが、れっきとした「オンライン・ビザ」取得のためのサービスです。インド入国の34日前から4日前までの期間で申請できます。

 

ただし紛らわしいことに、同じウェブサイトにIndian Visa Online(https://indianvisaonline.gov.in)」というまったく別のサービスがあります。こちらはオンライン上での申請のみで、申請後にインド・ビザ・センター(バンコクだとアソークにあり)まで書類を持って行かなければいけない、というもの。こっちの方がオンライン・ビザと思えるネーミングなので、間違えないようにご注意ください。

 

 

 


この「ツーリスト・ビザ・オン・アライバル」が使えるのは、
バンガロール、チェンナイ、コーチン、デリー、ゴア、ハイデラバード、コルカタ、ムンバイ、ティルヴァナンタプラム
の9カ所いずれかの空港を利用して入国する場合。

観光目的での30日以内の滞在が可能です。

往復もしくは第3国への出国チケットが必要、また、このサービスが利用できるのは、1年の内に2回までという制限があります。

 

 

 


申し込みページはこちら。

 

 

 

パスポートの種類、国籍、到着空港、誕生日、Eメールアドレス、到着予定日を入力すると次のページに。

 

 

 

 

申請には、ほかに
・パスポートの顔写真があるページのスキャンデータ(pdfファイル)
・顔写真の画像データ(jpgファイル)
が必要なので、申請を始める前に用意しておくと作業がスムーズです。


申請料金は60USドル。クレジットカードもしくはデビットカードでの支払い。入国の4日前までに済ませる必要があります。


Eメールに「Electronic Travel Authorisation」が送られてくるので、それをプリントアウトして持っておき、入国の際にパスポートと一緒に提示する、という流れです。

 

 

 

好き嫌いがぱっきりと分かれる国インドですが、こうして敷居のひとつが低くなると行く人も増えそうですね。
(U)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. DSC_0119 超便利! アジア19の国と地域でデータ無制限のサービスを…
  2. LuangPhabang1 洞窟に! 滝に! メコン川クルーズ! ルアンパバーンで自然を満喫…
  3. asobi5 え? シラチャーで死ね死ね団?
  4. タイのローカルバスを使いこなす!
  5. バンコク在住3年間でうまかった麺(記録が残っている限り)
  6. IMG_7320 No Suger Ice Coffeeを求めて

オススメ記事

  1. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  2. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  3. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  4. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  5. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」

PAGE TOP