ムービーな街角

ダコ本誌393号 特集「冬のヒマラヤ・トレッキング紀行 神々の住む山へ」予告編


9月も半ばを過ぎ、2014年も残すところあと4分の1といったところ。
家庭や職場では、そろそろ年末年始の休暇をどうしようか、という話が出はじめるころではないでしょうか? 
ダコ編集部の年末年始の休暇は、例年、10日間ほどあります。 日本へ一時帰国したり、国内を旅行したり、近隣諸国を廻ったり。 それ以外にも、普段はまとまった休みが取れない分、この期間に思い切って遠出する者も。

 

今回の特集は、年末年始の休暇を利用して、ヒマラヤ山脈を登りに行った、ある男の物語です。

それは、ダコの営業スタッフ、後潟(うしろがた)佑哉
東西に伸びるヒマラヤ山脈の中でも、ネパールに位置する世界で第10位の高さを誇る「アンナプルナⅠ」に行ってきました。

 

「ヒマラヤを登りに行く」と初めて聞いたときは、「またまた、何の冗談を~」と、笑い飛ばしていましたが、話を聞いていくうちに、意外とそうでもないことが分かりました。


バンコクからヒマラヤ登山・トレッキングの玄関口であるネパールの首都、カトマンズまでは飛行機で3時間半。(日本行きよりも近いです!) トレッキング・ルートもいろいろあり、2泊3日から「世界の屋根」ヒマラヤ山脈を堪能できるのだとか。

 

今回、後潟が目指したのは、カトマンズから見て西にある「アンナプルナ内院」。アンナプルナⅠへの登山の拠点となる「アンナプルナ・ベースキャンプ」の別名で、地元の人たちにとっての聖域であることから「内院」と呼ばれます。世界第10位峰、標高8091mのアンナプルナⅠは、多くの登山者の命を奪ってきたため「キラーマウンテン」の異名も持ちます。今回の後潟の旅の目的は、そのキラーマウンテンの「南壁」を見に行くこと。

 

これは、ダコの山男・後潟が標高4000mの高みを目指し、道中、ヒマラヤに住む村人たちと触れ合いながら、目標に向かってひた歩いた7泊8日のトレッキングの記録。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

ダコ393号特集「冬のヒマラヤ・トレッキング紀行 神々の住む山へ」は9月20日発行。お楽しみに!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【特集番外編】ポートMTI FCの熱狂的ファン・ガタが訊く! 猿…
  2. ダコ本誌364号、特集の予告編
  3. つぶらな瞳の象さんがこんなに間近に! 「Elephants Wo…
  4. ダコ本誌367号 特集「いつもと違う風景がそこにある! バンコク…
  5. ダコ本誌365号、特集の予告編
  6. 南の果ての島 【再掲】

オススメ記事

  1. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  2. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)
  3. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  4. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  5. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心

PAGE TOP