ムービーな街角

ダコ本誌389号 特集「バンコク北口グルメ商店街 YOKOSO! チョークチャイ4(シー)」予告編

 

 

2014年7月20日発行のダコ389号の特集は

「バンコク北口グルメ商店街 YOKOSO! チョークチャイ4(シー)」です。

 

 

 

バンコクの北郊、ラップラオ通り・ソイ53は

「チョークチャイ4通り」と呼ばれます。

この通りは、バンコクに住むタイ人にとって

「おいしい晩御飯屋さんが集う通り」として親しまれているのです。

 

 

 

今号の特集では、

そんなご飯どころや人気のおやつ屋台、隠れ家カフェを

紹介します。

 

 

 

 

特集予告動画では、チョークチャイ4の名物おやつ屋台

「クレープ・ポーンピモン」を先取りしてご案内。

 

21時~翌2時までの深夜営業のクレープ屋台です。

 

ふんわり柔らかな生地とパリパリクリピーの生地から選べて、味は絶品!

……なのですが、ひとつ大きな問題が。

 

 

 

それは、とてつもなく待たされるということ。

 

 

 

別名「クレープ・チャート・ナー(来世のクレープ)」といいます。

来世が来るまで食べられないんじゃないか、というのがその由来。

 

 

人気の屋台なので、常に行列ができているというのもあるのですが、

一枚、一枚、丁寧に焼いているので、ものすごく時間がかかります。

大量に注文している人がいたりすると、それこそ、いつ食べられることやら。

 

 

それでも毎晩、多くのタイ人が待っていることが、うまさの度合いを示しています。

 

 

 

今は閉店した、裁縫屋「ポーンピモン」の前にコンロが用意されます

 

 

 

 

注文の仕方はこう

①18~19時に店舗のドアのところにノートがぶら下がる。それに名前だけを書いておく

※このとき店の前には、まだコンロは置かれていません。

※欲しいクレープを書いておいても、作り置きしてくれません。

※電話番号を書いておいても、かかってくることはありません。

 

②21時ごろから店舗の前で準備を開始。準備が整ったところで、ノートの名前の順に注文が取られる。

※このとき、その場にいない人は飛ばされます。

 

③出来上がるまで、ひたすら待ち。

※取材班が注文したのは21時すぎ、受け取ったのは22時半でした(4時間待ったという人の話も)。

※試しに計測してみたところ、ふんわり柔らかタイプで5~8分、クリスピータイプで10~15分ほどかかっていました。

 

 

 

 

待っているお客さんとおしゃべりしながら、クレープを焼くポーンピモンおばちゃん

 

 

 

 

 

 

クレープ焼いている途中に、店舗の中に入って作業するおばちゃん。

戻って来たのが3分後、焼きあがったのがさらに10分後でした。

 

 

 

あなたは根気強く待って、このクレープを味わえるか!?`

詳しい場所は7月20日発行のダコ本誌389号をご参照ください。乞うご期待!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ダコ本誌370号 特集「ダコタイ語版の自信作特集 がっつり楽しく…
  2. ぐるっとチェンマイ! 旧市街のランドマーク、ターペー門前広場の様…
  3. セスナで飛行体験 「BSC Flying Club」
  4. ダコ本誌371号 特集「異国情緒満喫! インド人&華人街散策 歩…
  5. あけましておめでとうございます
  6. ダコ本誌393号 特集「冬のヒマラヤ・トレッキング紀行 神々の住…

オススメ記事

  1. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  2. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  3. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  4. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻
  5. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!

PAGE TOP