ムービーな街角

ダコ本誌389号 特集「バンコク北口グルメ商店街 YOKOSO! チョークチャイ4(シー)」予告編

 

 

2014年7月20日発行のダコ389号の特集は

「バンコク北口グルメ商店街 YOKOSO! チョークチャイ4(シー)」です。

 

 

 

バンコクの北郊、ラップラオ通り・ソイ53は

「チョークチャイ4通り」と呼ばれます。

この通りは、バンコクに住むタイ人にとって

「おいしい晩御飯屋さんが集う通り」として親しまれているのです。

 

 

 

今号の特集では、

そんなご飯どころや人気のおやつ屋台、隠れ家カフェを

紹介します。

 

 

 

 

特集予告動画では、チョークチャイ4の名物おやつ屋台

「クレープ・ポーンピモン」を先取りしてご案内。

 

21時~翌2時までの深夜営業のクレープ屋台です。

 

ふんわり柔らかな生地とパリパリクリピーの生地から選べて、味は絶品!

……なのですが、ひとつ大きな問題が。

 

 

 

それは、とてつもなく待たされるということ。

 

 

 

別名「クレープ・チャート・ナー(来世のクレープ)」といいます。

来世が来るまで食べられないんじゃないか、というのがその由来。

 

 

人気の屋台なので、常に行列ができているというのもあるのですが、

一枚、一枚、丁寧に焼いているので、ものすごく時間がかかります。

大量に注文している人がいたりすると、それこそ、いつ食べられることやら。

 

 

それでも毎晩、多くのタイ人が待っていることが、うまさの度合いを示しています。

 

 

 

今は閉店した、裁縫屋「ポーンピモン」の前にコンロが用意されます

 

 

 

 

注文の仕方はこう

①18~19時に店舗のドアのところにノートがぶら下がる。それに名前だけを書いておく

※このとき店の前には、まだコンロは置かれていません。

※欲しいクレープを書いておいても、作り置きしてくれません。

※電話番号を書いておいても、かかってくることはありません。

 

②21時ごろから店舗の前で準備を開始。準備が整ったところで、ノートの名前の順に注文が取られる。

※このとき、その場にいない人は飛ばされます。

 

③出来上がるまで、ひたすら待ち。

※取材班が注文したのは21時すぎ、受け取ったのは22時半でした(4時間待ったという人の話も)。

※試しに計測してみたところ、ふんわり柔らかタイプで5~8分、クリスピータイプで10~15分ほどかかっていました。

 

 

 

 

待っているお客さんとおしゃべりしながら、クレープを焼くポーンピモンおばちゃん

 

 

 

 

 

 

クレープ焼いている途中に、店舗の中に入って作業するおばちゃん。

戻って来たのが3分後、焼きあがったのがさらに10分後でした。

 

 

 

あなたは根気強く待って、このクレープを味わえるか!?`

詳しい場所は7月20日発行のダコ本誌389号をご参照ください。乞うご期待!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ダコ本誌369号 特集「日本人に知られざる名店にご案内 ラムカム…
  2. ダコ本誌370号 特集「ダコタイ語版の自信作特集 がっつり楽しく…
  3. ふくしまの桃 第3便出荷!
  4. サッカークリニック JDFA主催 2012年4月1日
  5. ぐるっとチェンマイ! 旧市街のランドマーク、ターペー門前広場の様…
  6. 志の輔師匠の記者会見メモ

オススメ記事

  1. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  2. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  3. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  4. teshima clinic-1 首や腰の痛みの原因「カチカチの筋肉」、柔らかくする奥のテ! バンコクで見つけました!
  5. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】

PAGE TOP