バンコクの街角

【悲報】シンハー・ビールの新戦略がファンの懐に非情極まりないダメージを与えている件。

 

辛うまなタイ料理をつまみつつ、氷を浮かべたシンハー・ビールをグイッ。流れ出る汗を夜風が気持ちよく冷やしてくれる……これを書いている金曜の夜、そんなシーンで一週間の疲れを癒している方もきっと多いのでは?

そんなタイ・ビールファンにとって、この2月悲しい出来事が起きてしまいました。それは「シンハー・ビール大瓶(630cc)の廃止」

 

昨年終わり頃からシンハー・ビールに500cc入りの瓶が登場したのは、ビール党の皆さんならすでにお気づきかと思います。私は当初、「こうやってラインナップを増やすことで棚の中のシンハー・ビールの面積を増やす戦略か!」と睨んでいたのですが、実際はそうではなかったようです。

 

こちらの記事によると、今年2月、生産元のブンロート社が「シンハー・ビールがアジア市場を開拓するための新戦略として、630cc入りの大瓶を廃止し、今後は500ccの瓶のみにする」と発表したようです。つまり、630cc入りは生産中止、いま店頭に残っている分が最後ということです。

 

元の大瓶(630cc)と現在の中瓶(500cc)がどう違うかは上の写真をご覧ください。左側がシンハー・ビールの中瓶、そして右側はシンハー・ライトですが、シンハー・ビールの大瓶と同じものを使ってます。

 

明らかに大きさが異なりますが、それ以外に瓶のシルエットが大瓶は丸々していますが中瓶は軽くくびれて少しシャープな印象に変わっています。また、飲み口に銀紙を使っていたのを普通の紙に変えています。個人的にはちょっとチープな見た目になって、あまり好きではありません。

 

今回の決断は、「1本あたりの容量を減らすことで値段を下げて競争力をつける」、という戦略なのだと思いますが、実はこれが意外な値上げを引き起こしていたりします。

 

それはレストランや食堂の販売価格

 

コンビニやスーパーでは容量が少なくなった分、安く販売しているのですが、レストランや食堂ではメニューに書かれた料金が大瓶時代のまま適用されている事がしばしば。もちろん今回の変更でメニューの料金を改訂しているお店もありますが、それはまだ少数派。

 

つまり、現時点では「メニューを見てシンハー・ビールの大瓶を頼むと中瓶が出てきて、しかも値段は大瓶の分を請求される」という現象が起こっているのです! つまり、実質的な大幅値上げです!

 

「物価の上昇で仕方なく……」とか「酒税アップに伴い料金改定……」といった形の値上げはまだ我慢できますが、こんな形の値上げは正直納得いきません。

 

量あたりの価格でいうと、タイ国内で生産されているビールの中ではこのシンハー・ビールの大瓶(実際は中瓶)が、高級志向のハイネケンよりも高くなってしまいます。これじゃあ競争力が逆に落ちちゃうよ! 世紀の大英断をしたブンロート社もこの現象までは予想してなかったのでは?

 

これは昔からシンハー・ビールを飲んできたファンにとっては大きな痛手です。

ここ十年ほど「男は黙ってサッポロ・ビール、タイで飲むならシンハー・ビール」を頑なに守ってきた僕も、最近外で飲む時は別のビールに乗り換えつつあります。

 

シンハー・ビール・ファンの皆さん、レストランや食堂で大瓶を注文する時は、料金が改訂済みかどうかを見てから注文しましょう!(F)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 北京ダックだけじゃない! 飲茶ブッフェもあるFei Ya
  2. IMG_6771re ベトナム慣れした者には恐ろしい、バンコクの交通事情
  3. yasumura 「とにかく明るい安村」さんの動画を見たタイ人の反応
  4. IMG_2203 (1) 魅惑の島! ラーン島に行ってまいりました!
  5. IMG_5382 日本のビックカメラで免税でApple製品を買ってみたら…。
  6. nepal2 PRAY FOR NEPAL

オススメ記事

  1. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  2. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  3. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  4. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  5. タイ初!日本人オーナーのオーダーメイド店「MODENA」 ~ジャパンクオリティでも低価格な知る人ぞ知る店を実体験〜

PAGE TOP