バンコクの街角

バンコク、石けん事情

ハーブの国、タイは国産のハーブで作られた石けんがいっぱいあります。

お土産にタイのハーブ石けん、というのも、いつから定番になったのでしょうか。

1月20日発行となった377号の自然派石けん特集では、定番ブランド以外に

ここ2,3年で登場した新参ブランドを取り上げてみました。全34種類です。

美容効果をうたった石けんがかなり増えたなぁ~という印象でした。

オーガニックと名前のついた石けんも増えました。

(内容成分に30%以上のオーガニック原料が使われていれば、

オーガニックと謳えるそう)

石けん箱、集まると宝石箱みたいで、ちょっとワクッとしました。

あー、石けんって、こんな気持ちもくれるものなんだなぁ。

 

 

さて! 読者のみなさん!

こちらの石けんをプレゼントします。

抽選で5名に、詰め合わせセット(7個入り)を差し上げます!

メール(mail@daco.co.th)へ

件名【377号特集ソープ希望】として、2月9日までに、ご応募ください。

 

応募条件は

①編集部まで賞品を受け取りに来られる方、

②使用後の感想をメールで送れる方、とさせていただきます。

 

今号の特集か各コラムの感想と、

住所、氏名、年齢(可能であれば職業も)、電話番号、メールアドレスを

ご明記のうえ、メールを送信してください。

 

バンコクから遠いところで読んでくださっている方、

「応募できないじゃん!」と思われたら、ごめんなさい。

バンコクの石けん事情をお知らせしました、

ということでお許しを~(K)

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 本誌に載せられない裏・ちょっトリップ「インド・デリー」前編
  2. 本誌に載せられない裏・ちょっトリップ「インド・デリー」後編
  3. アラフォー男の脱・童貞談。
  4. タイで活躍した日本人
  5. 脱毛してみた。
  6. yashoku-shuu バンコク残業菓子

オススメ記事

  1. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  2. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  3. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  4. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  5. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】

PAGE TOP