街の情報

バンコク都市交通に日本製車両が初登場!

 

丸紅と東芝は11月6日、2016年に運行開始が予定されているMRTパープルライン(ター・プーン駅-クローン・バーン・パイ駅間)の鉄道システム納入とメンテナンス業務を受注したと発表しました。

 

JR東日本グループの総合車両製作所製の車両63両を含む、信号・運行監視設備、通信設備などの鉄道システムを納入。また、丸紅と東芝、JR東日本グループによる共同事業会社によってメンテナンス業務が行われます。

バンコクの都市交通システムに日本製車両が使われるのは、これが初めてです。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. [new open] 毎週2回日本から取り寄せ! 寿司と刺身が売…
  2. ナナ・エリアのナイトライフがさらに充実!
  3. 渋谷発ものづくりカフェ アーリーにオープン!
  4. ユニクロのチェンマイ店、早くも2号店が登場!
  5. 佐賀ロケのタイ・ドラマ『ステイ』、2月14日より
  6. 3Gデータ通信、合わせて4GB無料キャンペーン True Mov…

オススメ記事

  1. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。
  2. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  3. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  4. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  5. バンコクで頑張る家族の笑顔のために、安心と安全をデリバリー!今日も真心込めて届けます「サイトウフーズ」

PAGE TOP