ちょっトリップ

バンコク発★週末ちょっトリップ『タイでゴージャスなグランピング体験! 緑あふれるリゾートinカオヤイ』

カオヤイにある山のリゾート「Kirimaya Golf Resort Spa」。
日本でも人気のグランピング体験ができ、さらには敷地内にゴルフコースや屋外シネマまでもがそろうという大満足な施設にて、家族4人でのんびりとした時間を過ごしてきました。

・旅して書く係・Sat
いちおう産後な2児のワーママ

リゾートの中心にあるプール前から見た景色。敷地内の緑、池、美しい空。奥には国立公園の山々も

 

山に囲まれて育った私は、若い頃こそ「海派!」と思っていたけれど、最近「やっぱり山なんじゃないか」と気づいた。そんな私にとって、バンコクから北東の方角に車で約2時間の場所にあるカオヤイは遥か遠くの故郷を思い出させてくれる貴重な場所だ。

 

タイ人の友人が教えてくれた「Kirimaya Golf Resort Spa」は、カオヤイ国立公園に隣接し、敷地内に他のレジデンスやゴルフコースがある広々とした空間が特徴。一般的な客室の他に、タイの有名芸能人YaYaが宿泊したグランピングもある。ということで、今回はグランピングに家族4人でお泊まりした。

 

 

グランピングの客室内。リビング、バスタブ、ベッドルームが繋がっている。家族4人でも十分な広さ!

 

バスタブ横にあるトイレ。子連れだと使用中に子供が遊びに来てしまいそう

 

グランピングは全4棟。うち2棟は現在メンテナンス中とのこと

 

プール横にある屋外シネマ。事前予約でいっぱいになってしまうらしいので、希望の方はチェックイン時にご予約を

 

テントに毛が生えたくらいだろうと想像していた私の期待を見事にぶち破った、普通のお部屋の3倍はありそうな室内。部屋の真ん中に大きな浴槽があり、トイレは卵型のドームみたいな形をしている。更には専用のゴルフカートがついているので、待つことなくご飯を食べに行ける。

 

タイレストランでのディナー。 辛いものが苦手な私でも美味しくいただけました

 

豚とアボカドのスパイシーサラダ350B。アボカドが入っているのは初めて!

 

夜はフュージョンタイスタイルのレストランにて。オープンスペースだけど全く暑さを感じない。料理はアボカド入りのスパイシーサラダやドーナツ型のタイ風オムレツなど、材料や見た目がユニークなものばかりだった。

ドーナツ型のタイ風オムレツ220B。ふわふわ熱々でいただきました。子供も完食!

 

食後は夫に子供を預けてマッサージへ。たった60分だったけど、セラピストの巧みな手に癒されてついつい寝入ってしまった。施術後のドリンクをいただいて、その日はぐっすり眠った。

水着を着たくないママとゴルフをしたいパパが共に楽しめる、この山のリゾートに、都会の空気に嫌気が差した時に訪ねてみては?

 

+1 TRIP

ミルクアイスを食べるならここ!

 

山だけでなく牧場も有名なカオヤイで食べたいスイーツといえば、ズバリ「ミルクアイス」。「Daily Home」にはオーガニックの食材を使ったメニューを楽しめるレストラン、野菜や乳製品を販売するお店の他に、何十種類ものアイスクリームを選べるショップが。濃厚なミルクアイスをご堪能あれ。

デイリー・ホーム
Daily Home

住所:100 Phaya Yen, Pak Chong District, Nakhon Ratchasima 30320
電話:08-1991-0271
営業時間:9時~19時半(金土日~20時)、無休

 

MAP

TIME SCHEDULE

【1日目】
10:00 バンコク発
12:00 Daily Homeでランチと食後のミルクアイス

15:00 Kirimaya Golf Resort Spa着、客室のバルコニーでのんびり
17:00 敷地内のイベント会場を散策。(この日はフラワーフェスが開催中)
18:00 タイ料理レストラン「ACALA」で夕飯
20:00 スパでマッサージ

【2日目】
07:00 敷地内を散歩
09:00 ブッフェ式の朝食
10:00 お部屋で休憩
12:00 チェックアウト
12:30 敷地内のモダン和食レストラン「TANI」でランチ
17:00 バンコク着

TRIP MEMO

宿泊どころ

キリマヤ ゴルフリゾート スパ
Kirimaya Golf Resort Spa

住所:1/3 Moo. 6 Thanarat Road, Mu-Si, Pak Chong, Nakorn Ratchasima 30130
電話:02-096-2088 ext.1
Web:http://www.kirimaya.com/
メール:reservation@kirimaya.com
料金:ラグジュアリー・ルーム2200B~(5月までのプロモーション価格、2名朝食込み)、テントヴィラ(グランピング)12000B~(時期により変動)

MAP

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【週末★トリップ】バンコクエアウェイズで行くミャンマー紀行3泊4…
  2. バンコクからひとっ走りで、ワニ王国へ タイ人家族と観光客のふれあ…
  3. 自家用車でドンムアン方面へ 古今東西のキャラが網羅された「トゥー…
  4. Main_DSC09277 ロット・トゥーとソンテウでチャチュンサオ県に行ってみよう! バン…
  5. タイ版サグラダファミリア 「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」…
  6. ロッブリーのひまわり畑 列車でGO!フアラムポーン駅から「ひまわり列車」に乗ってロッブリ…

オススメ記事

  1. チェンライでオーガニックに暮らす第二の人生
  2. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  3. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  4. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  5. グリーンライフ サービスアパート シラチャ 単身の赴任者に人気の「グリーンライフ サービスアパート シラチャ」。その理由を探る!

PAGE TOP