洋食

【夕食】 誰がために腹は鳴る 「Hemingway’s」

 

スクムビット通りソイ14 を入ってすぐ左手に総チーク材造りの古い一軒家レストランがある。もともとは1926 年にフランス大使の公邸として建てられた家だが、今年2月に作家・ヘミングウェイをイメージしたレストラン&バーに生まれ変わった。

 

店内はレストランと複数あるバーに別れている。特に入り口そばのバーはヘミングウェイの好きなキューバのバーをイメージしているそうで、重厚な木のカウンターと古めのジャズが、かの文豪が生きた当時を彷彿とさせる、気がする。

レストラン・ゾーンはコロニアル調の内装で、天井でゆっくりと回る扇風機が、ひと昔前のリゾート地のようで雰囲気抜群だ。

 

文豪気分でお勧め料理を試してみよう。真っ先に出てきた「ハンガーステーキ」は、「肉とイモ!」というアメリカ料理らしいシンプルな一品。肉はオーストラリア牛の中の、ハラミに隣接したサガリと呼ばれる部位をステーキにしている。赤身で脂身が少ないが、やわらかで後味もさっぱりしている。2日かけて赤ワインと牛の骨を煮込んで作ったソースが、また香り高い。ソースだけでもイケる。「 炙りマグロのせニース風サラダ」はゴロゴロ入ったイモとえんどう豆がとても新鮮で、食感がシャキシャキを心地いい。

 

シンプルでワイルド。だけど細部にこだわりがある。アメリカ文学を体現した店だった。

 

Hemingway’s

11 時半~24 時 無休

1 Soi 14, Sukhumvit Rd.

0-2653-3900

www.hemingwaysbangkok.com

ハンガーステーキ900B、炙りマグロのせニース風サラダ400B、シーバス・ステーキのムール貝添え450B、ヘミングウェイのチーズケーキ200B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_9456 新時代の和洋折衷 「Freebird」
  2. IMG_8210 童話世界のカフェ 「Into The Woods」
  3. Blu01 地球の裏側でも唐辛子「BLU36」
  4. 【夕食】 すべて一杯のワインのため「Wine Connectio…
  5. IMG_7613 高級感あふれるタイ料理「Saneh Jaan」
  6. 【夕食】陽気な路地裏メキシカン「Tacos & Sal…

オススメ記事

  1. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  2. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  3. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  4. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。
  5. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP