投資家に問うしかない!!

タイにいる今だけの特典を逃すな! タイで始める資産運用

「海外で資産運用」。

この文字を見ただけで尻込みをしてしまう人は多いのではないでしょうか。
実はダコ編集部の編集Aも「自分には関係ないよね…」と思っていた時期がありました。

でもそんなイメージを小気味よく覆してくれたのが、日本と海外の金融分野で豊富な実績を持つ「日本ウェルスマネジメント・タイランド」のリチャードさん。

「せっかくタイにいるのに、タイで資産運用をしていない日本人が驚くほど多いことを非常に残念に思っている」と語るリチャードさんに、その理由を突撃インタビュー!

実際の相談例とともに、タイにいる今だけ受けられるメリットについて語ってもらいました。
聞けば聞くほど「いつやるか? 今でしょ!」と人に教えたくなる、目からウロコな情報ばかりでしたよ。

もう帰国してしまった読者のみなさま、ごめんなさい!

資産運用を始めるなら日本より断然タイで

タイで始める資産運用-02
日本人は日本でしか投資できない、日本で投資するのが一番安心だし儲かる、と思い込んでいませんか。それは大きな間違いです。日本は、様々な規制があるため投資の選択肢が少ない上に、税金も高く、資産運用に向いている国とは言えません。日本に住んでいれば、不利でも日本で資産運用するしかありませんが、タイに居住している日本人には、今だけ得られるメリットがあります。

タイにいる今だけの投資のメリットとは

① 日本からは投資できない商品に投資できる

日本は、投資家保護という志向が強く、政府の厳しい条件を満たした商品にしか投資することができません。投資家にとって、リスクが減るというメリットはありますが、運用方法もパフォーマンスも似たり寄ったりの商品ばかりで選択肢が少ない上に、金融機関等への手数料が高い傾向があります。他方、タイでは、日本からは投資できない、世界中の優秀で魅力的な商品の中から、自分にピッタリの商品を見つけることができます

② 税制上の優遇がある

海外投資で得た利益について、日本では20%以上課税されるのに対し、タイは原則非課税そのため、効率よくリターンを期待することができます(※詳細は『投資家に問うしかない』第51回で紹介)。

③ タイ滞在中に貯まったバーツの活用

円に換えて日本に送金するだけがバーツの使い道ではありません。せっかく得た外貨なのですから、そのまま外貨で持ち続ければ、リスク回避になります。

実際の例①

43歳駐妻さん
家族構成:夫45歳、子供3人(12歳、10歳、5歳)、バリバリのキャリアウーマンだったが、夫のタイ駐在を機に退職

《 お悩み 》せっかくの海外生活なので、子供をインター校に。語学力キープのため、帰国後もインター校か私立校に通わせたい。将来は留学も視野に。しかし、自分の収入がなくなり、子供の教育費や老後の資金がとても不安。帰国後、希望の仕事に就けなかったら我が家の家計はどうなるの?貯金を増やしたいけど、タイでは仕事ができないので、節約くらいしか思いつかない。

【 ご提案 】
老後資金を軸に教育資金にも使える投資プランを

末のお子さんの大学卒業時、ご夫婦は60歳を超えるため、老後資金と教育資金を同時並行で貯める必要があります。20年後に194,400米ドル貯めることを目標に、毎月800米ドル積み立てるプランをご提案。年平均5%で運用できた場合、積立資金194,400米ドルに対し、約71,500米ドル上乗せされたリターンが期待できます。

《 感想 》
今後5~15年間に3人の子供にかかる教育費をインター校・私立・公立のケース毎に示してもらい、リアルに「このままではマズい!」と目が覚めました。
必要な金額を貯めるために、今から何をすればいいのかを、データに基づいてきちんと説明してくれたので、目標とやるべきことが明確になり、漠然とした不安がなくなりました。

日本の学資保険は、金利が低い上に、引出可能な時期が決まっていて、それ以外の時だと高い解約手数料が取られますが、この積立プランでは、自分たちの老後資金を貯めながら、子供たちに必要になったらいつでもお金を引き出すことが可能。また、米ドルや英ポンドなど主要外貨で積み立てることができ、留学時にとても便利まさに私の家族の将来設計にうってつけのプランだと思いました。

タイで始める資産運用-03

実際の例②

29歳現採・独身男性
在タイ2年目、将来は独立して仕事をしたい

《 お悩み 》まだ若いからいいやと思っていたが、老後資金も気になり始めた。将来の結婚や仕事のためにもある程度のお金を備えておきたい。金利ほぼゼロの銀行預金ではなく、もっと効率的に貯めたいので、投資を始めたい!と常々思っているけれど、今の収入では、門前払いされそうで怖い。特に海外投資なんて、雲の上の存在というイメージ。

【 ご提案 】
毎月の余剰金を運用に回し、無理なくお金を増やしましょう。

毎月3~5万円の貯金ができているにもかかわらず、銀行口座に貯まったままというもったいない状況!その余剰金を運用に回しましょう。毎月300米ドルずつ積み立て、年平均5%で運用できた場合、25年後には積立金額90,900米ドルに対し、約40,000米ドル上乗せされたリターンが期待できます。

《 感想 》
時間が勝手にお金を増やしてくれるから、時間にお任せしましょうと、受けたドルコスト平均法と複利効果の説明に、目から鱗が落ちた。門前払いも強引な勧誘もなく、初心者でもわかりやすい。僕の話をよく聞いてくれ、僕にピッタリの投資の仕方を丁寧に教えてくれた。こんなだとわかっていれば、もっと早く来ればよかった。

明確な使い道があるわけではない僕は、とりあえず絶対に必要となるだろう老後資金を貯めることを目的にしたが、日本の養老保険などと違って、お金が必要になったときに自由に引き出せるというプランはすごく便利だ。人生何があるかわからない。結婚して子供ができるかもしれないし、ある日突然世界一周旅行に行きたくなるかもしれないんだから。毎月3万円なら現地採用の僕でも無理なく続けられるし、一度手続きしたら自動振替やクレジットカード決済で積立ができて、面倒だからと銀行口座に入れっぱなしだったのと手間暇は全く変わらないのに、はるかに高い金利が期待できるなんて夢のよう。申込手続も、すごく簡単だった。

 

new richard-
CEO リチャード・ケイン
カナダのコンコルディア大学で金融学を専攻後、これまでアジアを中心に20年以上、金融コンサルティングに従事。

世界中の金融商品からひとりひとりに合った投資を提案する「日本ウェルスマネジメント・タイランド」。初心者でも日本語で相談を受けられるので、メールやLINEからお気軽にお問い合わせを。

日本ウェルスマネジメント・タイランド

Tel:02105-4186(日本語)
Email:info@nihonwealth.com
LINE ID:@595qnljb
Web:http://nihonwealth.com
FB:www.facebook.com/nihonwealth
フェイスブックでは、知って納得! 投資・お金にまつわる豆知識はじめ、優良ファンドの紹介お得な金融商品情報まで、随時掲載中! 投資家のみなさん、要チェック!
ライン登録はこちらから↓

 新着記事を読む 

関連記事

  1. mayer-banner_462 【投資家に問うしかない】ファイナンシャル コンサルティングって何…
  2. 【投資家に問うしかない】リチャードが教える 富裕層の思想とは? …
  3. 【投資家に問うしかない】別荘はもう夢じゃない?! ポストコロナ時…
  4. 【投資家に問うしかない】コロナ不況(株価下落)も 怖くなんかない…
  5. 【投資家に問うしかない】貯金だけでは非効率 教育費は貯めながら増…
  6. 【投資家に問うしかない】エコ世代は投資もエコ! ESG投資に注目…

オススメ記事

  1. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  2. 太陽の雫_01 チェンマイの山麓で育つマンゴー「太陽の雫」の木 オーナー募集!
  3. SOLINGE 研ぎ器-1 包丁から爪切りまで!? 家庭に1つあると便利な研ぎ器 SOLINGE「マルチシャープナー」
  4. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」
  5. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】

PAGE TOP