街の情報

ちょっと歩けば出合える!街を彩る「バンコク花図鑑」

日本では珍しい花にあふれるタイ。今の時期に咲く花を、ダコの姉妹紙「newsclip」撮影の写真と文章でご紹介。

ウォータージャスミン

直径1センチほど。一気に咲き出すので見ごたえあり。タイ語での名前は「ドーク・モーク」。ドーク=花、モーク=解脱(パーリ語でモーカ)。タイには「ワット・パー・モーク(解脱の森の寺院)」という名の寺院が多く、よく植えられている。

サンユウカ

タイでは花輪などでよく見かけるジャスミン。サンユウカはジャスミンの1種類で、咲いている場所では良い香りが漂う。直径4センチ足らずの白い花で、風車のような形をしていて、英名は「Pinwheel Jasmine」。見た目そのものの名前。

ハイビスカス

タイではアユッタヤー王朝頃から現ラッタナーコーシン王朝の初期まで、罪人が刑場に引かれる際にこの花を持たされたという。「好きじゃない」というタイ人も多いが、その割には住宅の庭で咲き誇る。一輪はその日に咲いてその日に散る。

ハナキリン

トゲトゲしい茎で、花びら1枚の直径は1センチほど。車を運転しているとラジオで「ヤ~ドム、ポ~イシアン!」と何回も繰り返す古臭いコマーシャルが流れる。ポーイシアンは嗅ぎ薬の商品名だと思っていたら、ハナキリンのことだった。

ホウオウボク

マダガスカル→英国→アジアと、西欧諸国の進出によってアジア各国に広まった花。満開になると目に眩しい。タイ語では、「西欧の孔雀の尻尾」という意味となる「หางนกยูงฝรั่ง」(ハーン・ノック・ユン・ファラン)の名前で呼ばれている。

 

2020年6月5日発行のダコ515号では、「そろそろ、外で遊びタイ!」と題して、自然のなかで楽しめるレジャーやネイチャースポットを特集しています。
サイクリング、釣り、自然あふれる公園などの情報は下記にてご覧ください。
https://www.daco.co.th/information/50927/

 新着記事を読む 

関連記事

  1. [new open] 勝浦のご当地グルメの店 「Katsu-Ta…
  2. [new open] 産地直送の新鮮素材が売り! 居酒屋「目利き…
  3. 自由に選べる大衆食堂 「フジオ食堂」、現る!
  4. siam discovery 改装中のサイアムディスカ バリー、新コンセプト発表!
  5. axis&spin アソークに高層コワーキングスペース! 「アクシス&スピン」「バン…
  6. 名古屋発、幻の手羽先の店「世界の山ちゃん」登場!

オススメ記事

  1. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  2. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  3. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  4. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  5. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント

PAGE TOP