グルメ

「シシリアン・ジャーニー」ミシュラン・ベスト女性シェフ受賞シェフによるマスタークラス【Rossini’s – Sheraton Grande Sukhumvit】

去る11月22日、2019年度ミシュランベスト女性シェフに選ばれたマルティナ・カルーゾ氏によるマスタークラスが「シェラトン・グランデ・スクムビット」にて開催されました。

カルーゾ氏はイタリア・サリーナ島に所在するレストラン「シグナム」の料理長で、27歳の若さで最初のミシュランスターを獲得した実力派です。地元産の食材を使用し、その風味を生かした軽やかな調理法ながら、斬新な食材の組み合わせと洗練されたプレゼンテーションで高い評価を得ています。

 

最初の一品はウニの入ったバーニャカウダ

バーニャカウダが単なるディップから立派な前菜に昇格したような一品。ウニが主張しすぎず、一体感を保ちながらも、ちゃんと風味を楽しめる絶妙のバランス。

 

サバのコンフィ・グリーンオリーブソース・モッツアレラチーズとケイパー添え

サバにモッツアレラという非常に珍しい組み合わせですが、脂ののったサバの濃厚な味をモッツアレラの淡泊さと食感でバランスをとっている一皿。少し酸味のあるケイパーがアクセント。

 

ムール貝とズッキーニのミックスパスタ・ラグザーノチーズ

通常チーズを使わないシーフードパスタに地元産のラグザーノチーズを合わせた珍しいメニュー。数種類のショートパスタを合わせて食感やソースとの絡まり具合にも変化を持たせています。様々なサイズや形状のパスタを完ぺきなゆで具合で仕上げているのはさすが。

 

チョコレート・キャロブ・コーヒー入りミルクスープ

甘いミルクにチョコレートやシリアル類の入ったこのデザートはシェフが子供の頃よく朝食で食べていたそうです。イタリア産のチョコレートを使用し、洗練されたミルクスープはデザートとして軽すぎず重すぎず、日本でも流行りそうな予感。

 

今回は実際に調理するデモンストレーションの後に試食をするという、食材への理解を深めつつ出来立ての料理を味わえるシェフズテーブルの進化版ともいえるぜいたくなスタイル。

サバとモッツアレラチーズの一品など、自分でも試してみたいと思うアイデアも満載の楽しいイベントでした。

Rossini’s

営業時間 月~金:6時半~10時、12時〜14時半、18時~22時半
     土曜:6時半~11時、18時~22時半
     日曜:12時〜15時、18時~22時半
電話 0-2649-8364
HP www.rossinisbangkok.com
場所 シェラトン・グランデ・スクムビット1階
MAP

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【飲食店★新店情報】タイ版『料理の鉄人』のブリオッシュ「Brio…
  2. asakusa01 茨城産常陸牛の焼肉店 バンナーに新登場!
  3. 「ホーン・ギー・チェー・ポー」のカオ・チェー・ポー Vol.0…
  4. 「義肉骨茶(イー・バクテー)」のバクテー Vol.22
  5. 【SINGHA COMPLEX】あの地に新たなご飯どころ、登場。…
  6. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。…

オススメ記事

  1. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  2. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  3. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  4. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  5. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた

PAGE TOP