ダコスタッフ日記

古きよき日本の洋食とデザートを召し上がれ シャングリ・ラ・ホテルの巻

ダコスタッフ日記 by マイ

ここバンコクでもラグジュアリーホテルでいただくオシャレなアフタヌーンティーが人気ですが、今回はチャオプラヤー川を一望できるシャングリ・ラホテルに行ってきました。

新たにエグゼクティブ・ペストリー・シェフに就任したスイス人のクリストフ・ウィドマー氏は、以前東京のホテルで働いていたそう。その時に経験した日本の要素をちりばめたのが、新シェフが初めて手がける今回のアフタヌーンティー。その全貌をご紹介すべく、日本人代表として(!?)試食に行ってまいりました!

大きな鳥かごの中にサーブされるアフタヌーンティー。その奥にはチャオプラヤー川が広がる

テーマは「GINZA、TOKYO 1920s」。日本にアフタヌーンティーなどの洋食文化が広まったとされる1920年代の食文化からヒントを得た内容で、スイーツは栃木産のイチゴを使ったショートケーキ、宇治抹茶のカステラ、お弁当に見立てたチョコの台に乗ったボンボンショコラなど。全体的に甘さが控えめで、酸味が効いているものやアルコール入りのものもあるなど大人な味わい。

カニクリームコロッケ、グラタン。スコーンにライチジャムがついてくるのが個性的

下段のセイボリーはジューシーなカツサンドや日本のマヨネーズを使ったポテサラサンドなど、もう見た目から「なんだか懐かしい」感じ。古きよき銀座の洋食レストランを思わせる郷愁がありました。1920年に銀座で初めて洋食を食べた人たちも、きっとこんな風にワクワクしながら食べたんじゃないかしら? 今の日本ではなかなかお目にかかれないアフタヌーンティーかもしれませんね!

アフタヌーンティーをいただけるのはホテルのロビーラウンジ

Shangri-La Hotel, Bangkok

場所:ロビーラウンジ
時間:アフタヌーンティー14時〜18時 1398B(税サ別)/1セット2名分
電話:0-2236-7777、0-2236-9952
E-mail:restaurants.slbk@shangri-la.com
HP:www.shangri-la.com/bangkok


DACOへの広告ご掲載へのお問い合わせは 08-7685-3338
イはダコの編集ウーマンである。ここから広告主の魅力を発信!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 都会的なバンコクライフを送りたい方へ センターポイントホテル・ …
  2. 夢と想っていた海外就職を実現できる? トランス・コスモス の巻
  3. タイらしい雰囲気の中で本格タイ・シーフード シーロム・ビレッジの…
  4. グループレッスンでもどんどん話して会話が身に付く! ランゲージエ…
  5. レベルに応じたタイ語レッスンを スクムウィットタイ語学校の巻
  6. 本当にラクになるマッサージ、ここにあり! ココらくの巻

オススメ記事

  1. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  2. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  3. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  4. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  5. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた

PAGE TOP