アート・展覧会

オープンから27年、アコ画廊が閉店「好きな絵を買うとね、自然と飾る場所が空くのよ」

オープンから27年。
バンコクで唯一の日系ギャラリーとして多くの顧客とアーティストの集まる場となっていた「アコ画廊」が8月中旬で閉店する。
店内にところ狭しと並べられた絵画の多くはオーナーのアコさんの審美眼で買い付けたものだ。

 

魔法使いのお店のような

スクムビット通り沿いの一等地。赤、黄色、緑とカラフルに塗られた壁一面に、色とりどり大小さまざまの額に入った絵が架かる。わーっと押し寄せる絵のパワーを掻き分けて店の奥のカウンターに目をやるとオーナーのアコさんが座っている。初めて訪れたときは、なんだか魔法使いの店みたい、と思った。この風景がもう見られなくなる。

 

ワクワクする絵がいい絵

アコ画廊が閉店すると聞いたのは、初めてアコさんと会ってから間もないことだった。だから、私なんてこの店の27年の長い歴史に指先で触れた程度なのだが、それでもチクリとくる喪失感があった。長い間ここを居場所にしていた人たちのそれは、もう想像ができない。
だから今、初めて絵を買ってみようと思っている。この画廊の空気を少しでも家に持ち帰りたい。でも何を選べばいいんだろう。
「見てワクワクする絵を買えば、それがいい絵なのよ」とアコさんは言う。
「え、ワクワクする絵、これなんですけど(画廊の中にあったとびきり大きい絵を指す)」
「大丈夫。好きな絵を買うとね、飾る場所が自然と空くの」
「……(家に入るかなぁ)」。

ワクワクする絵その1。阿部恭子さん(写真中央)の作品。タイのお菓子とかドリンクとかたくさん描かれていてとにかくカワイイ絵!阿部さんの絵はセール対象外です。

ワクワクする絵その2。タイ人画家ソンブン・プアングドクマイさんの絵。バンコク川沿いの古い街並みが地図のように描かれている。冒険感がすごい。ほしい! こちらもセール対象外。

 

閉店セールを、初めて絵を買うきっかけに

閉店は寂しいけれど、絵画の数々がお手頃価格で手に入る今は、初めて絵を買うチャンスでもある。お店にあるのは、国籍、有名無名を問わずアコさんの目を通して選ばれたものだ。

「絵を持つ喜びは、特別なものなんだから」

これまでにたくさんのアーティストがここで才能を見出され、大きくなっていった。タイ人作家の絵もたくさんある。タイをモチーフに描かれた絵もたくさんある。
タイ生活の思い出に、絵を買って帰国するというのも素敵な選択肢であるように思う。

素敵な絵画の数々が今ならお安く。

 

驚くほどに、正直なひと

ところで初めて会ったのは最近だ、と言ったが、初めて会った日からアコさんのことが大好きである。うん、ちょっと違うな。惹かれている。
私も十分いい大人だが、「こんな大人がいるんだ!」とも思った。 マイペースで、正直で、それがだれに対しても変わらないのだ。
この画廊にこれまで多くの絵と人が集まったのは、アコさんのキャラクターによるところが大きいんじゃないかしら。

長年アコさんと付き合いのあるダコ営業のガタさんが「なにか力になれることはありませんか?」と言えば、「じゃあここを居抜きで買い取ってよ」と笑う。
わたしが「せっかく買い付けた絵をセールにするの、寂しいですよね……」なんて至極当然、無粋ことを言おうものなら「それでも生活は続くんだから、買ってもらったほうがいいのよ」とバサリ。
それなのに「あ、これなら家に飾るのにいいかも」と絵を見ていると「インタビューのお礼にプレゼントするわよ」なんて言いだす。
「ダメです、アコさん、最後まで売りましょ!」とこちらがそれを必死で止めるような形。もはやなにがなんだか。

気づいたらみんながアコさんペース。
やっぱりこの人、魔法使いなのかもしれない。

今回の取材はダコ営業マンのガタさんが「この画廊とアコさんの写真を撮りたい」と言って実現した(2018年7月12日現在、アコ画廊のFBページのトップ画にもなっていて感激)。

 

アコ画廊が閉店。
まだ訪れたことがない人は、この場所があるうちに、とにかく一度足を踏み入れてほしい。
絵画展を見に行くようなつもりで出かけてもいいだろう。
でもきっと、みんなこの場所とアコさんの魔法にかけられてしまうのだ。たぶんね。


アコ画廊

スクムビット・ソイ49と51の間(スクムビット通り沿い)
0-2259-1436
閉店セールは8月11日まで

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【アート★早耳情報】~12月23日「サーオ・イサーン」展、ほか
  2. 【アート★早耳情報】~3月31日「Chinatown」展、ほか
  3. 【アート★早耳情報】9月11日~「Lady」展、ほか
  4. 【アート★早耳情報】1月22日~「Gift | Tribute …
  5. セントラルエンバシー・プレゼンツ MADSAKI「Combina…
  6. 【アート★早耳情報】~12月27日 「Aftertaste」展、…

オススメ記事

  1. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  2. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  3. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  4. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  5. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?

PAGE TOP