バンコクの街角

パタヤと家族サービスは反比例!

嫁さんが「たまには家族でパタヤに行かね? ちゃんとフリータイムもつけるから」と言うので週末を使い家族でパタヤまでやって来ました。

今回泊まったのはパタヤメルキューレオーシャンリゾートというノースパタヤにある家族向きのホテルです。フランスのアコーグループでビーチからホリデーイン・メルキューレ・イビスホテルと同じ敷地に続いています。

料金は1泊3000B未満なのでまあ週末遊びに来るなら圏内と言った感じでしょうか?

チェックインを済ませ。室内に入るとまあよくある感じです。部屋からは海が見えませんでしたがビーチロードとセカンドロードの間なので海も近くセーフにしておきましょう。

バルコニーから外を除いてみるとプールが3つ並んでました。

pattaya2

左の2つはメルキューレで右はイビスホテルのプール。 よく見てみると子供のプールが充実していて嫁曰く「子供が遊べるようにここにした」とか。

 

pattaya3

即効着替えを済ませてプールに突撃! プールを見ると子供がめっちゃ楽しそうにはしゃいでました。 そこからノーストップで2時間遊びもうクタクタ。 嫁は女の子の日(36)と言ってビーチチェアに座りダラダラとしてましたね。はい。

このプールのいいところはまずすごい浅い、写真でも分かる通りの朝さから子供の胸くらいの高さまでしかないので普段幼児用のプールで遊べない子でも自由に動き回ることができる。 他にはスライダーや噴水などが充実していて子供が飽きもせず遊び続けられるところです。

 

pattaya4

夕方シャワーを済ませてダラダラしていると「じゃ、同窓会行って来るから」と出かけて行きました。 狙いはこれだったようです。。。 とまあ2時間くらい時間が取れるようなのでビールを買いビーチで夕日を眺めたりして過ごしました。

 

pattaya5

時期に日も暮れて来たら目的は1つ!

 

pattaya7

これです! これこれ。

 

pattaya6

デーン!!! カオニャオ・ピンと鶏皮の屋台。 このパタヤスタイルの屋台はバンコクになく今のところパタヤでしか見たことがないです。 カオニャオ・ピンは餅とせんべいの間のような感覚で半分ご飯、半分お菓子のような感じで食べられる。また屋台で鶏皮が食べられるのも珍しいです。。。

 

pattaya8

とりあえず4つずつ買い部屋で食べているとゴリ!!! という音が聞こえ口から出して見ると銀歯が取れていました。 恐るべきカオニャオ・ピン。 おこげの粘力はなかなかのものです。

 

しばらくして嫁が帰って来た。 「いない間どこへ行っていた?」というのでカオニャオ食べたと言うと、「正直に言いなさい! 正直に言いなさい」とこちらもなかなかの粘力でした。。。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_2187 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】誰がなんと言おうと、一人チムチュムは悪…
  2. image 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】リペ島の巻
  3. volly バンコクで2カ国の国歌を聴く
  4. IMG_9578 発見! ドリアン風味のレトルトカレー。
  5. main バンコク東郊ラムカムヘンで見つけた不思議デザイン・ビル
  6. IMG_4756 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】勇気ある挑戦者求む。の巻

オススメ記事

  1. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  2. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  3. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  4. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  5. 〝手術なし〟でも改善できる「子供のO脚・X脚」

PAGE TOP