駐妻スクープ in Bangkok

<駐妻スクープ in Bangkok>ママ友サロネーゼ御用達! オンヌットの隠れ家食堂 vol.099

scoop-title

 

サロネーゼがハマった店

ママ友にタイ料理の先生がいます。1度目の在タイでタイ料理のお勉強を極め、帰国後、ご自宅でタイ料理教室をされていました。さっちぃ憧れのサロネーゼってやつ!
現在、2度目の在タイとなる彼女は、さらなるタイ料理への探求に熱く精力的に活動中です。ぼーっと過ごすさっちぃとは対照的よ(笑)。

スクープネタに困るさっちぃに「とっておきの食堂」を紹介してくれるという太っ腹っぷり。涙です。

オンヌットにある彼女の隠れ家、お気に入りタイ食堂を案内していただきました。スクムビット・ソイ54を2分ほど直進し左手にある小さな店。その名も「プリック・ホーム」。黄色い壁に緑のひさしが目印です。

 

南タイ料理ぶっかけ食堂

清潔感あふれる店内に、30種近く、バットにずらりと並んだおかずが圧巻! 指差しながらの注文で3種類をご飯に乗せて60Bほど。

ここは、以前は別の場所にあった南タイ料理の店。カオヤムという、ご飯とハーブと野菜の上にナム・ブードゥーというソース(魚の内臓を発酵させたもの)をかける珍しい料理にハマっていたのに、お店が移転。涙。

ずっと移転先が不明なるも、本帰国後もひたすら探し続け、ついにこの場所で食堂として再出発していたのを発見した彼女の喜びたるや凄かったそうです。ドラマ~♡

この日食べたのはガイ・パット・キン(鶏ショウガ炒め)、プリック・キン・ガークムー(カリカリとした豚の揚げ物)、ヤム・ムーヨー(豚ソーセージのサラダ)、パック・メウ・プラーケム(はやとうりの葉と塩漬け魚の炒め物)。どれも絶品!

プロが認めるプロの味、ぜひともお試しあれ!

1


文・イラスト/駐妻探偵4号帰ってきたさっちぃ

 新着記事を読む 

関連記事

  1. <駐妻スクープ in Bangkok>タイのフライドチキン談義 …
  2. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>「さよなら」は言わないわ♡…
  3. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>読者を代表して! さっちぃ…
  4. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>ローカルから日本産まで!ア…
  5. <駐妻スクープ in Bangkok>揺れるユレル♡女の人生 ~…
  6. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>黄金の王朝文化 プミポン前…

オススメ記事

  1. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  2. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  3. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  4. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  5. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク

PAGE TOP